「未分類」カテゴリーアーカイブ

OPEC月次報告、サウジ増産、リビア、ヴェネズエラ減産



OPEC月報
6月産油高
リビア70.8万バレル/day前月比-25.43万バレル/day、アンゴ前月比ラ-8.83万、ベネズエラ前月比-4.75万、イラン前月比-2.27万減産
サウジは1042万バレル/day前月比+40.54万の増産、イラク前月比+7.15万、クウェート前月比+2.73万、UAE前月比+3.51万増産

7月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201807

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

7月カレンダー

7月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201807

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

EIA週間石油統計、原油在庫は591万バレル減少



EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)6/15時点                   
原油   -591.4万(4億2653万)                  
ガソリン +327.7万(2億4004万)                  
留出油  +271.5万(1億1741万)                  
(クッシング地区)                              
原油   -129.6万(3261万)                    
*()は在庫総量                               

原油生産量:日量1090万バレル、前週比変わらず
製品需要:日量2022万8000バレル、前週比157万3000バレル減

昨晩のWTIは+1.15ドル高の66.22ドル。EIAが22:30に発表した週報で、原油在庫が市場予想以上に減少したことが相場を押し上げました。ドライブシーズンに入っていることから製油所稼働率が繁忙期の水準まで高まっており、原油消費量が拡大していることが在庫減少につながりました。ただ、石油製品の価格が高水準にあることから製品需要は限定されています。

いよいよ明日はOPEC総会ですね。ちなみに今日は重要変化日です。

6月カレンダー
岡安商品カレンダー201806

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

EIA原油在庫は414万バレル減、ヴェネズエラ産油減少止まらず




EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比) 6/8時点                  
原油   -414.3万(4億3244万)                  
ガソリン -227.1万(2億3676万)                  
留出油  -210.1万(1億1469万)                  
(クッシング地区)                              
原油   -68.7万(3390万)                     
*()は在庫総量                               
原油生産量:日量1090万バレル、前週比10万バレル増

昨晩のEIA週間石油統計6/8時点によると、製油所の原油消費量が上向いており、原油在庫の減少につながりました。米原油生産量は日量1090万バレルまで拡大し、今回も過去最高を更新。
OPEC月次報告では、ヴェネズエラ産油高が139.2万バレル/dayとまたまた落ち込んだ。IEA月報では、イラン経済制裁、ヴェネズエラの減産で供給不足が懸念されるとした。
OPEC加盟国で少なくとも3カ国イラン、ヴェネズエラ、イラクなどがサウジアラビアとロシアの増産方針に反対しており、公式的な増産決定を複雑なものとしている。
 意見の相違を埋めるため、OPECと非加盟産油国は形ばかりの増産や増産開始時期の後ずれなど、増産をめぐる多くの選択肢を検討しているという。
 サウジとロシアは、石油消費国の供給と価格に対する懸念を緩和するため、増産の用意があるとの立場を示しています。ロシアW杯でサウジ皇太子がロシアを訪問しているが、ロシア首脳とも増産のすり合わせがありそうだ。OPEC総会は6/22の予定です。

6月カレンダー
岡安商品カレンダー201806

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

EIA週間石油統計、原油も製品も大幅在庫増、原油生産は1080万バレル




EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)6/1時点                   
原油   +207.2万(4億3658万)                  
ガソリン +460.3万(2億3903万)                  
留出油  +216.5万(1億1679万)                  
(クッシング地区)                              
原油   -95.5万(3459万)                     
*()は在庫総量                               

原油生産量は日量1080万バレル、前週比3万1000バレル増

朝のAPI在庫は減少だったが、昨晩23:30のEIA週間原油在庫は予想に反して増加。製品在庫も大幅増となった。加えて原油生産量が過去最高をまたまた更新している。

6月カレンダー
岡安商品カレンダー201806

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

EIA週間石油統計、原油在庫は前週比362万バレル減。



EIAから昨晩発表された週間石油統計5/25時点によると原油在庫は予想以上の減少。
(バレル・前週比)                   
原油   -362万(4億3451万)                    
ガソリン +53.4万(2億3443万)                   
留出油  +63.4万(1億1463万)                   
(クッシング地区)                              
原油   -55.6万(3554万)                     
*()は在庫総量     

原油生産高は過去最高を更新。日量1076万9000バレル、前週比4万4000バレル増となった。

6月カレンダー
岡安商品カレンダー201806

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

WTI70ドルは通過点、OPEC最新月次報告ベネズエラの落ち込みすごすぎる


今夜OPECから発表された月次報告によると4月産油高はOPEC全体で3193.0万バレル/dayと前月からわずか1.2万バレル増。ヴェネズエラの4月の産油高は143.6万バレル/dayと前月から4.2万バレル減少です。どんどん減っていきますね。
2018年の世界石油需要見通しは9885万バレル/dayと前月から15万バレルの上方修正。

5月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ
岡安商品カレンダー201805
TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

WTI夜間で70ドル超え

直近60ドル台後半で堅調に推移していたWTI原油価格が夜間で70ドルを超えた。今月は75ドルを目指す月となりそうだ。強気の背景としては、2017年からのOPEC+ロシアの減産が継続され、直近OPEC3月の生産量は3195.8万/dayと3ヶ月連続の減少。中でも財政破綻間近のベネズエラの産油量が、ガタ落ちだ。2016年産油量は215.4万バレル/dayだったのが、直近では148.8万バレル/dayまで減少。国営石油会社PDVSAは、年明けから給与不払いから、離職が相次いでいる。
 また今週は、米国もイランとの核合意破棄が迫っている。5/1にはイスラエルのネタニャフ首相が、証拠を示しつつイランには極秘の核兵器開発計画があるとした。再び経済制裁となるとOPEC生産高第3位のイランの原油供給が大幅に減少する。5/12までにトランプ大統領が結論を出す予定だが、離脱する公算が高い。イランが報復にサウジアラビアをイスラム過激組織フーシ派を使って攻撃するようなことになるとさらに地政学リスクが高まる。
さらにOPEC加盟国のOPEC盟主サウジアラビアの考えは、国営石油会社サウジ・アラムコの来年の上場に向けて1バレル=80~100ドルを目指しているとの観測。よって70ドルは通過点。WTIは1/25高値66.66ドルから2/9安値58.07ドルの倍返し75.25ドルが目標となる。

5月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ
岡安商品カレンダー201805
TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル

EIA週間石油統計、予想外に原油在庫は217万バレル増、生産も過去最高更新


昨晩EIAから発表された週間石油統計は下記のとおり
EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)4/20時点                   
原油   +217万(4億2974万)                    
ガソリン +84万(2億3681万)                     
留出油  -261.1万(1億2273万)                  
(クッシング地区)                              
原油   +45.9万(3537万)                     
*()は在庫総量                               
原油生産量:日量1058万6000バレル、前週比4万6000バレル増 過去最高更新
製品需要:日量1900万バレル、前週比243万4000バレル減
製油所稼働率:90.8%、前週比1.6%減

弱い数字だが、相場には影響せず、イラン核合意破棄かどうかの結論待ちで。相場は堅調。
今月中のWTI70ドルはあるのか?

4月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ
岡安商品カレンダー201804

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル