クロッププログレス、乾燥懸念で作柄悪化


Koku1
Koku2
Koku3
Koku4
Koku5
  シカゴ引け後に今朝方発表された8/25時点のクロッププログレスによるとドウ率は、70%(昨年同期94%、平年79%)、デント率は、23%(昨年同期73%、平年45%)となりました。クロップコンディションのコーンの良以上の比率は、前週から2ポイント悪化し59%となりました。
大生産地ではアイオワが44%、イリノイが59%、インディアナが72%となっています。土壌水分も不足気味となってきていますね。
昨晩のシカゴコーンは米中西部での猛暑で急騰し新穀12月きりは+30.50セント高の500.50セントと1カ月ぶりに500セントを上回って引けました。  気象予報会社によると、乾燥天候は今後2週間にわたり継続する見込みです。
プロファーマーは、実地検査に基づいて2013/14年のトウモロコシ生産高が134億6000万Bu(USDA見通し137.63億)、イールド154.1Bu(USDA見通し154.4)と過去最高水準になるとの見通しを示しました。

クロッププログレス、コーン作柄前週から3%悪化。


Suibun
Saku
Saku2
Saku3
  シカゴ引け後に今朝方発表された8/18時点のクロッププログレスによるとシルキング率は97%(前年同期100%、平年99%)、ドウ率は、52%(昨年同期87%、平年65%)、デント率は、11%(昨年同期57%、平年30%)となりました。クロップコンディションの良以上の比率は、前週から3ポイント悪化し61%となりました。土壌水分もここ2週間乾燥で不足があがってきてますね。大生産地のアイオワの作柄が48%と悪いですね。

WGC金4半期需給報告


Kin1
Kin2
Kin3
Kin4
Kin5
Kin6
   WGCが昨晩発表したゴールド・ディマンド・トレンド(4半期需給報告)によると、2013年4-6月期の世界金需要は856.3トンと前年同期比では12.1%の減少となりました。
投資需要は金塊、コインなどの一般向けの投資が507.6トンと前期から25.1%増加、前年同期比では77.5%の増加しましたが、一方ETF投資は402.2トンのマイナスと、ETF市場からの資金流出が更に加速しています。
中央銀行など公的機関の金購入は71.1トンと前期から25.2%、前年同期から56.8%減少しました。

usda需給報告


Konus1
Konus2
   昨晩発表されたUSDA穀物需給報告によると、トウモロコシの生産高が137億6300万Buと前月から1億8700万Buの下方修正、予想平均の139億8000万も下回りました。2013/14年度の米国コーン期末在庫を1億2200万Bu下方修正して、18億3700万Buと強気の内容となりました。アイオワの生産がもうひとつですかね。
世界需給では、2013/14年世界コーン期末在庫は1億5020万トンと前年から2710万積み上げで供給過剰鮮明となっています。

クロッププログレス


Kon1
Kon2
Kon3
Kon4
    シカゴ引け後に今朝方発表された8/4時点のクロッププログレスによるとシルキング率は86%(前年同期98%、平年89%)、ドウ率は、18%(昨年同期58%、平年31%)となりました。クロップコンディションの良以上の比率は、前週から1%改善して64%となりました。
アイオワはやや乾燥していますが、作柄に問題はないでしょう。
内外ともファンドは売り増し傾向でこれから豊作の売り人気が高まりやすくなるでしょうか。