作付け意向面積

Sakutuke
先週末にUSDA発表されたコーン作付意向面積は前年比4%増加の9586.4万エーカーと発表され、予想平均の9470万エーカーを上回りました。ただ四半期在庫が60億900万Buと予想61億5000万Buを下回り、シカゴは急反発となりました。
前日までの下げで作付け増が織り込まれ、しったらしまいとなったようです。9586万エーカーの92%8820万が収穫面積、仮にイールド159Buで生産高は、前年の123億5800万Buから、大幅増の140億Buとなり、弱い数字であることは確かか。
主要州(左が前年)
イリノイ1260万→1250万
インディアナ590→610万
アイオワ1410万→1460万
ミネソタ810万→870万
ネブラスカ985万→1030万