WGC金4半期需給報告


Kin3
Kinkou1
Kinkou2
Etf1
先週発表された金需給報告では、2011年通年の公的機関の金の購入が439.7トンと前年に売却から購入に転じてからも勢いづいている。ETF需要も通年では前年から213トン減少するものの4半期推移では回復傾向。
Kinbar
2011年のバー需要は前年比+260.2トンの1159.1トンとETFの落ち込みを完全にリカバーしています。またこのところの各国の金融緩和政策による過剰流動性で、相対的に金価格の上昇は、必然で今年中に、2000ドルの大台へトライしてくる場面もあってもおかしくはないでしょう。同様に国内金も5000円の大台に向けてチャレンジする年になりそうです。

コメントを残す