クロッププログレス

Konsaku0524
Konhatuga0524
Dazisaku0524
シカゴ引け後に発表された5/22時点のクロッププログレスでは、コーン作付け進捗率が平年87%前年同期92%に対して79%、コーン発芽率が、平年59%前年同期69%に対して、45%と遅れています。                      

WGC金4半期需給報告

Jyuyou0520
Seisan2010520
Tousi0520
Etf0520 Jyueri0520

ワールド・ゴールド・カウンシルは、中国のバーや金貨の需要が2011年第1四半期(1-3月期)に前年同期比+123%増の90.9トンと発表しました。前年同期の40.7トンを大きく上回りました。インフレの高進が需要を押し上げています。しかも、1-3月期の大きな伸びによって国別でインドを超えて世界最大の需要国になりました。WGCによると、インドの1-3月期のバーや金貨の需要は前年の79.3トンに対して85.6トンでした。

WGCは、また4半期金需給報告の中で、第1・四半期の金需要は981.3トンで、前年同期の881.0トンから+10.5%の増加しました。                                    

 WGCによると、この増加はインド、中国などの複数の主要市場での、宝飾品需要の増加にも支援されましたが、増加の主要な要因は、バーやコインの購入の拡大によるものでした。                                                                        

 第1・四半期の金投資需要は、前年比26%の増加で310.5トンとなりました。この増加の主因は、金現物バーの購入がなんと62%増加して、280.4トンとなったことが背景となりました。WGCによると、バーとコインを合計すると、需要が前年比52%増加となりました。

ETFの需要はネット-56トンとなりました。ソロスのせいかもしれません。