クロッププログレス

Konsaku0511
Daizusaku0511
Konhatuga0511
USDAが10日発表したクロップ・プログレスによると、トウモロコシのPlanted・作付け進ちょく率(5/9現在)は前週比+13ポイント上昇の81%となり、過去5年平均の62%を上回りました。主要州ではアイオワ93%、イリノイ94%となっています。Emerged・発芽率は、39%で、過去5年平均の21%を上回りました。
 大豆の作付け進ちょく率(5/9現在)は前週比+15ポイント上昇の30%となり、過去5年平均19%を上回りました。順調に推移しており、実際の作付面積は3/末発表の作付け意向面積を上回りそうです。

コメントを残す