USDA需給報告

昨晩USDAが発表した2009/10年米国産穀物需給報告は、
コーン  ()内前月比
単収 165.2Bu(+2.3)
生産高 131億5100万Bu(+2億3000万)
期末在庫 17億6400万Bu(+8900万)
大豆
単収  44.0Bu(+0.7)
生産高 33億6100万Bu(+4200万)
期末在庫 2億4500万Bu(-1000万)
となりました。
❑ポイント
大豆コーンとも生産在庫の予想平均を上回りました。
コーンは雪の影響で生産高が1億Bu程度引き下げがあるだろうと予想されていましたが、逆に2億3000万Buの大幅増で、バットサプライズとなり、シカゴコーンは-30セント安です。
収穫面積が7963万エーカーと+30万上方修正、アイオワのイールドが182?ホンマか、
USDA=うそだという感じですね。
大豆の生産は上方修正されましたが、輸出需要を5200万Bu、圧砕需要を3500万Bu引上げ、期末在庫は1000万Buの下方修正となりました。
世界需給ではブラジルの大豆生産高が200万トン引上げとなりました。
Con0113
Daizu0113

コメントを残す