商品カレンダー

来月の発表予定や納会予定、スポーツイベント を入れたカレンダーをつくってみました。
トレードの参考にして下さい。来月は2/15以降旧正月、リオカーニバル、オリンピックで後半は、いそがしくなりそうですよ。
バンクーバー五輪代表の中では個人的にはスピードスケート高木美帆に注目してます。彼女はなんといってもサッカー女子代表U15候補のFW選手で十勝地区の得点王ですよ。ロンドン五輪はサッカーででるかもしれませんね。
2010年2月カレンダー「201002.pdf」をダウンロード

EIA週石油統計

Genyu0128
Gasoziko0128
Desu0128
Gasoseisan0128
EIAが昨晩発表した22日までの1週間の米石油在庫統計によると、暖房油を含むディスティレート(留出油)は前週比36万バレル増(事前予想は170万バレル減)、ガソリンは前週比198万バレル増(予想110万バレル増)の2億2942万brrlと、ガソリン需要は861.9万brrl/dayといまいち、世界経済の回復の遅れに伴う需給緩和観測を強める内容となり、WTIは1ドルほどの急落。原油在庫は前週比-388万brrl減の3億2667万brrlと大幅減少となったが、輸入遅れの影響で材料視されず。

コーンは?

Kon0125
チャート的にはここ数ヶ月の安値水準まで下落。このあたり20,000円台前半を抜けると9月安値18000円まで行く可能性はあるが、フェブラリーブレイクの安値で春以降の天候相場入り前に玉を仕込みたいところ。1月の弱気USDA発表から、中国金融引き締め、オバマの金融規制案でのリスク回避と弱材料が続いたが、突っ込みは売りにも警戒感あり。
世界的には2009/10年コーンは980万トンの供給不足見通しであり、世界2位のコーン生産高の中国では、コーンは過去最高値水準で取引されている。2ケタ経済成長からコーン輸出国から輸入国にいつ転じてもおかしくはない。
米国穀物在庫率推移「uszaikoritu.pdf」をダウンロード

EIA週石油統計

Kadouritu0122
Gasozaiko0122
Genyuzaiko0122
Desu0122
昨晩EIAから発表された週間石油統計では原油在庫3億3056万brrl前週比-47万brrl
ガソリン在庫2億2744万brrl前週比+395万brrlディスティレート1億5713万brrl前週比-326万brrとなりました。製油所所稼働率が78.38%と超低水準にあるにもかかわらず、ガソリン在庫は大幅増となりました。WTIは急落、節目の75ドルに接近。

OPEC月次報告

Gdp0120 byOPEC1月レポート
19日発表のOPECの月例報告では、世界経済のGDP成長率は2010年に3.1%成長と予想。2.9%から上方修正しました。米国の経済成長率は2010年1.9%と想定してますが、個人消費は弱いままです。日本は+1.1%、中国は+8.8%、インド+6.7%の予想です。経済成長率に基づいて2009年世界石油需要を前月比+2万brrl上方修正の8433万brrl/day(前年比-138万brrl)とし、2010年を前月比+2万上方修正の8515万brrl/day(前年比+82万brrl)との見通しを示しました。ちなみにEIAは2009年世界需要を前年比-170万brrlとしています。2010年の供給サイドでは、南米、FSU増産を予想してます。ブラジルでは、W杯や、リオ五輪の開催が今後予定されてますが、石油産出国としても影響力が増していきそうです。2010年代は、世界経済牽引するのは、サッカー界同様、ブラジルなのかもしれませんね。
長期でレアルを買いたいですが、クリックにまだ上場されてないのが残念でしょうか。

SPDR金ETF

Etf0118
1/15現在のSPDR金ETF(NY証券)は、1112.8361トンと新年に入って約20トン減少。新しくNYに上場された白金、パラジウムETFが1週間で20万オンスほど積みあがり、白金ETFへのシフトが進んだのではないでしょうか。

EIA月例報告

Eia0113
EIAは1月のShort-TermEnergyOutlookで、2011年の世界の原油需要が日量+147万バレル増の8665万brrl/dayになると予想。先進国の力強い経済成長が需要を押し上げるとみている。EIAが2011年の需給見通しを発表するのは今回が初めてとなりました。
 2011年に入ると、景気回復を受けてOECD先進諸国でも需要が伸び始めると予想しました。
 EIAは先進国のGDP経済成長率について、2010年を+1.2%、11年を+2.7%とし、2010年の世界原油需要予想について、先月時点の前年比110万バレル増から108万バレル増に-2万の下方修正。
FSU(旧ソ連関係国)産油推移「fsusanyu.pdf」をダウンロード

EIA週石油在庫

Genyuzaiko0113
Gasozaiko0113
Desu0113
Kadouritu0113
昨晩EIA発表の週間石油統計(1/8時点)もバットサプライズの大幅増。
原油在庫3億3103万バレル前週比+370万
ガソリン在庫2億2349万バレル前週比+379万
ディステレート在庫1億6040万バレル前週比+136万
WTIは80ドル割れ。このところの雇用統計、USDA、に続いてバットサプライズ。

USDA需給報告

昨晩USDAが発表した2009/10年米国産穀物需給報告は、
コーン  ()内前月比
単収 165.2Bu(+2.3)
生産高 131億5100万Bu(+2億3000万)
期末在庫 17億6400万Bu(+8900万)
大豆
単収  44.0Bu(+0.7)
生産高 33億6100万Bu(+4200万)
期末在庫 2億4500万Bu(-1000万)
となりました。
❑ポイント
大豆コーンとも生産在庫の予想平均を上回りました。
コーンは雪の影響で生産高が1億Bu程度引き下げがあるだろうと予想されていましたが、逆に2億3000万Buの大幅増で、バットサプライズとなり、シカゴコーンは-30セント安です。
収穫面積が7963万エーカーと+30万上方修正、アイオワのイールドが182?ホンマか、
USDA=うそだという感じですね。
大豆の生産は上方修正されましたが、輸出需要を5200万Bu、圧砕需要を3500万Bu引上げ、期末在庫は1000万Buの下方修正となりました。
世界需給ではブラジルの大豆生産高が200万トン引上げとなりました。
Con0113
Daizu0113