EIA原油在庫は7週連続減少



昨晩EIAから発表された週間石油統計5/19時点によると原油在庫は7週連続減少の前週比443万2000バレル減少の5億1634万0000バレル、ガソリン在庫は前週比78万7000バレル減少の2億3988万2000バレル、クッシング在庫は前週比74万1000バレル減少の6556万7000バレルとなりました。

ガソリン需要は970.4万バレル/dayまで拡大してきています。
今夜はいよいよOPEC総会ですね。16:15からWebcastのLIVEもあるようです。要注目です。             

5月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201705
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

USDA需給報告、コーン新穀期末在庫は21.1億Bu




昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると、2016/17年度米国コーン期末在庫を-2500万Bu下方修正して
22.95億Buとし、予想平均の23.27億Buを下回りました。
食品・種子・工業用需要が前月から2500万Bu上方修正され、その分期末在庫は下方修正となりました。
新穀2017/18年度コーン期末在庫は21.10億Buに減少し、ほぼ予想平均通りでした。
今年の米国コーン生産高見通しは140億6500万Buと予想、前年実績の151億4800万Buから10億Bu以上減少し、予想平均の142.04億Buを下回りました。
2016/17年度の世界コーン期末在庫を2.239億トンに上方修正し、予想平均の2.237億トンを上回りました。
ブラジル・コーン生産高見通しは、9600万トンに+250万トン上方修正、予想平均の9430万トンを上回りました。
アルゼンチン生産高見通しは4000万トンに+150万トン上方修正、予想平均の3850万トンを上回りました。
新穀2017/18年度の世界コーン期末在庫は1.953億Buと、前年から2864万トン減少、予想平均の2.088億Buを下回りました。
旧穀南米産は大豊作ですが、米国、世界とも新穀在庫は前年から減少する見通しで今年の需給は引き締まりそうです。

5月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201705
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

強気の米雇用統計を受けて金は売られやすい



ニューヨークの金先物相場は、米労働市場の拡大で早期利上げ観測が強まったため、戻り売りが優勢になりました。
週末の米雇用統計では、失業率は4.4%と10年ぶりの水準に低下、非農業部門就業者数は、21.1万人増と予想を上回り、労働市場の拡大を示しました。平均時給は26.19ドルと伸び悩んだものの、6月の米利上げを裏付ける内容との見方が広がりました。
CMEのフェド・ウォッチによると、6月の米利上げ確率は78.5%、ゴールドマンサックスは6月利上げ確率を70%から90%に引き上げました。
日曜日に行われた仏大統領選の決選投票は、中道のマクロン候補の勝利が伝えられ、リスクオンからも金への逃避買いは続かないでしょう。
そして今週の方針ですが、GW中のNY金相場は4日間で30ドル近く下落し、東京金も売り優勢となり、米早期利上げ観測の高まりで売られやすい地合いが続きそうです。

5月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201705
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

USDA需給報告、南米コーン豊作


昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると、2016/17年度米国コーン期末在庫を23.20億Buに据え置き、ほぼロイター予想平均の23.16億Buに近い数字となりました。需要項目の飼料が5000万Buの下方修正される一方、エタノールが5000万Buの上方修正で相殺となりました。
 2016/17年度の世界コーン期末在庫を2.230億トンに上方修正し、ロイター予想平均の2.218億トンを上回りました。ブラジル・コーン生産高見通しは前年比+39.5%増の9350万トンに前月から200万トンの引き上げとなり、予想平均の9250万トンを上回りました。アルゼンチン生産高見通しは前年比+32.7%増の3850万トンとし、前月から100万トンの上方修正、予想平均の3780万トンを上回りました。
 世界需給では、南米生産高が上方修正で弱材料。特に前年干ばつで悪かったブラジルの作付面積が1700万ヘクタールから1730万ヘクタールに、イールドが5.38トンから5.40トン/ヘクタールに前月から引き上げられ、生産高見通しが記録的豊作となっています。南米以外では南ア+40万トン(1460→1500万トン)、パキスタン+40万トン(520→560万トン)、インドネシア+70万トン(1020→1090万トン)、メキシコ+100万トン(2600→2700万トン)、前月からそれぞれ生産高が引き上げられ、2016/17年世界全体のコーン生産高は10億5376万トンと、前月から452万トンの上方修正で前年からは9044万トン増となり、圧迫要因となりそうです。

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は495万バレルの大幅増


EIA週間石油統計3/17時点

前週比
原油    5億3311万バレル     495万4000バレル増加
クッシング   6795万1000バレル 141万9000バレル増加 
ガソリン  2億4346万8000バレル 281万1000バレル減少
留出油   1億5539万3000バレル 191万バレル減少

3月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201703
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、製品在庫は急減



昨晩EIAから発表された週間石油統計3/10時点によると、原油在庫は増加予想を覆し前週比23万7000バレル減少の5億2815万6000バレル、ガソリン在庫は、前週比305万5000バレル減少の2億4627万9000バレル、留出油在庫は、前週比422万9000バレル減少の1億5730万3000バレルとなりました。
クッシング在庫は、前週比213万バレル増加の6653万2000バレルとなりました。

今週のOPEC月次報告によると、2月のOPEC生産高は3195.8万バレル/dayと前月から13.9万バレルの減少となりました。サウジが6.8万バレル減、イラクは6.2万バレル減、UAEは3.4万バレルの減産となりました。2017年世界石油需要見通しを9631万バレル/dayと前月から50万バレルの上方修正としました。
昨晩のWTIは、API、EIA統計ともに原油在庫が予想に反して減少したことや、製品在庫の急減に反応し直後に48.88ドルまで上昇しました。

3月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201703
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA原油在庫は820万blの急増、製品在庫は急減



昨晩EIAから発表された週間石油統計によると、
原油在庫は、5億2839万3000バレル   前週比820万9000バレル増加
クッシング     6440万2000バレル   前週比 86万7000バレル増加
ガソリン在庫は、2億4933万4000バレル   前週比655万5000バレル減少
留出油在庫は、1億6153万2000バレル   前週比267万6000バレル減少
原油在庫が9週連続の大幅増となりましたが、製品在庫は急減しました。

3月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201703
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

USDAアウトルック2017



23日から2日間の予定でバージニア州でUSDA主催のアウトルックフォーラムが開催され、23日には今年の米国産コーンの作付け見通しが前年比4.3%減の9000万エーカーとの強気の数字が発表されました。一方大豆作付面積は8800万エーカー+5.5%増となりました。コーンの期末在庫見通しは22.15億Bu前年比-1.05億でした。コーンは押し目買いでいきましょう。

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら