EIA週間石油統計、製品在庫は大幅減少



EIA週間石油統計2/17時点
                             前週比
原油    5億1868万3000バレル    56万4000バレル増加
クッシング  6304万バレル       152万8000バレル減少
ガソリン  2億5643万5000バレル   262万8000バレル減少
留出油   1億6513万3000バレル   492万4000バレル減少

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は過去最高




EIAが発表したWeekly Petroleum Status Report2/10時点によると、原油在庫は前週から952.7万バレルの大幅積み増しとなりました。市場予想280万増も上回りました。
クッシングの在庫は70.2万バレル減少。
ガソリンが284.6万バレルの積み増し、ディスティレートは68.9万バレルの取り崩し、原油と石油製品をあわせた在庫は1,105.4万バレルの積み増しとなりました。
原油生産は日量897.7万バレルと前週から1,000バレル減少しました。
                           前週比
原油    5億1811万9000バレル   952万7000バレル増
クッシング 6456万8000バレル    70万2000バレル減
ガソリン  2億5906万3000バレル   284万6000バレル増
留出油   1億7005万7000バレル    68万9000バレル減


石油リグ稼働数は、増えていってますが、原油生産は横ばいです。

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

USDA需給報告、コーン期末在庫23.2億Buに下方修正




9日のUSDA需給報告では2016/17年米国コーン期末在庫は、3500万Bu下方修正され、23.20億Buとロイター予想平均23.35億BUを下回りました。エタノール需要が53.5億Buに+2500万Bu上方修正となり、需要面が3500万Bu引き上げられました。供給サイドの数字は据え置きでした。
直近のEIA週間石油統計によると、エタノール生産量は、105.5万バレル/day。エタノール生産高が昨年10月末以降105万バレル前後の高水準が続き、15週連続で100万バレル/dayを超え、高水準となっている。コーン需要の36%を占めるエタノールなど工業用が価格を下支えしそうだ。
2月後半からは、2017/18年産に目が移っていき、春高スプリングラリーが期待できそう。

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA原油在庫が1383万バレルの大幅増、ガソリン在庫減少




EIA週間石油統計2/3時点
        
在庫                              前週比
原油      5億0859万2000バレル  1383万バレル増加
クッシング     6527万バレル       114万3000バレル増加 
ガソリン    2億5621万7000バレル    86万9000バレル減少
留出油     1億7074万6000バレル     2万9000バレル増加

原油生産       日量897万8000バレル、  6万3000バレル増加

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は646万bdの大幅増だが




昨晩EIAが発表した週間石油統計1/27時点によると原油在庫は、前週比646万6000バレル増加の4億9476万2000バレル、ガソリン在庫が、前週比386万6000バレル増加の2億5708万6000バレル、留出在庫は、前週比156万8000バレル増加は1億7071万7000バレルとなりました。
受渡し場所のクッシング在庫は、前週比124万5000バレル減少の 6412万7000バレルとなりました。 原油在庫が予想以上に増加しましたが、クッシング原油在庫が4週連続して減少し、米石油リグ稼動数の増加も原油生産が減少したことを受け、発表後のWTIは、53.70ドルまで切り上げました。

2月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201702
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

USDA需給報告







USDAが昨晩発表した穀物需給報告によると、2016/17年度米国コーン期末在庫を4800万Bu下方修正して23.55億Buとし、ロイター予想平均の23.85億Buを下回りました。最終生産高は7800万Bu下方修正の151.48億Bu、ロイター予想平均の151.96億Buを下回りました。
需給の主な変更は、供給項目の生産高7800万Buの下方修正、輸入500万Buの上方修正、需要項目の飼料5000万Buの下方修正、エタノール2500万Buの上方修正としました。
2016/17年世界コーン期末在庫を2.210億トンに下方修正し、ロイター予想平均の2.2194億トンを下回りました。
シカゴ3月ぎりは1セント高で終了。史上最高の生産高に変わりないことから、反発力は限定的でした。
一方2016/17年度米国大豆期末在庫を6000万Bu下方修正して 4.20億Buと発表し、予想平均の4.68億Buを下回りました。最終生産高は43.07億Buに下方修正、予想平均の43.80億Buを下回りました。
需給の主な変更は、供給項目の生産高が5400万Bu、輸入が500万Buの下方修正としました。 
2016/17年度の世界大豆期末在庫を8230万トンに下方修正の予想平均の8258万トンを下回りました。 12月1日現在の米国大豆在庫を28.95億Buと発表、前年度実績の27.14億Buから増加しましたが、予想平均の29.51億Buを下回りました。

1月カレンダー
%e5%b2%a1%e5%ae%89%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc201701
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、在庫増だが、WTI反発




昨晩のEIA週間石油統計で原油在庫が予想以上に増加し、石油製品在庫も急増し、原油生産ペースが加速したことから、発表直後のWTIは売られましたが、短期的な下げすぎ感からの修正へ転じ、反発となりました。
前日のEIA月次報告(ShoretermOutlook)では、2017年世界石油需要が、前月から21万バレル上方修正され、2016年4Qの204万バレルの供給過剰が、2017年3Qは-37万バレル供給不足と、供給過剰が解消される見通しとしています。

1月カレンダー
%e5%b2%a1%e5%ae%89%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc201701
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計

genyuzaiko
kuxtusinguzaiko
EIAが昨晩発表した原油在庫は、前週比61万4000バレル増加の4億8606万3000バレル、クッシング在庫が前週比17万2000バレル増加の6643万5000バレルとなりました。EIA統計で原油在庫が予想に反して増加したが、
API統計よりも小幅な増加だったことや、受渡場所となるオクラホマ州クッシング原
油在庫の増加幅が市場予想を下回ったことから、発表後には54.21ドルまで上昇となりました。 

1月カレンダー
%e5%b2%a1%e5%ae%89%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc201701
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
 金専門チャンネルはこちら