よくある質問

純金積立とはどんな仕組みになっているんですか?
毎月、営業日毎に一定の金額ずつ金地金を買付けしていくシステムです。月々3,000円から始められることや、毎営業日ずつ平均して購入していくため、買うタイミングを考えず気軽にお取引できる仕組みです。
金を買い付けるシステムとは?
毎営業日、その日の金価格に関係なく、お客様からお預かりしている月々の購入代金を、その月の営業日数で割った金額分ずつ買付けしていきます。端数は各月の第一営業日に調整します。そのため、金価格の安い時は多く購入でき、金価格の高い時には少ない購入になるシステムです。(ドルコスト平均法)
日々買付けする価格は何が基準になりますか?
東京商品取引所の日中立会い始値に15円を加算した価格(消費税別)にて購入します。
購入した金の保管はどうなるの?
お客様の金地金は双日株式会社へ分離保管を行う方法をとり、双日株式会社が保管・管理することになります。
購入している金が何グラムになっているかを知る方法は?
金地金の購入内容は年に2回(4月と10月)「残高報告書」に記載し、双日株式会社がお客様宛にご送致いたします。また、随時お電話にて受付けております。
取引中に銀行の残高不足になり、引き落としが出来なかった場合どうなりますか?
翌月の買付けがストップされます。また、次月に2か月分の取引金額が引き落としされる事にはならず、1ヶ月分の引き落としになります。
純金積立に係わる税金は?
まず、買付け時には消費税をプラスした価格にての購入になります。ただし、売却時には消費税をプラスした金額をお客様へのお支払いとなります。売却時に利益になると、通常は取引の状況によって譲渡所得または雑所得のいずれかになります。雑所得の場合、20万円以下なら確定申告は必要ありません。譲渡所得の場合、50万円の特別控除、また購入が5年以内と5年超で税率が変わります。売却が数年に一度程度ならば、売買が継続的でないとの理由から、一般的に損益は譲渡所得として扱われます。ただ、お客様の所得の種類や保管期間、または買付け量等で異なりますので、詳しい内容は所轄の税務署または税理士にご相談下さい。
売却の際、損失になった場合はどうなりますか?
残念ながら給料や他の所得と損失通算をすることは出来ません。ただ、同じ譲渡所得で利益が出ていれば損益を通算することは可能です。逆の場合で、他の譲渡所得で損失が出て、金売却による利益が出た場合も損益通算は可能です。
解約したい場合はどうすればいいですか?
解約の申込書を提出していただく事になります。ホームページより解約申込書を印刷していただくか、もしくはお電話にてご連絡いただければ解約申込書をお送りさせていただきます。その申込書に必要事項をご記入の上返送してください。書類が到着次第、解約の手続きをさせていただきます。(13時以降の到着分は翌日扱いになります。)
もし万が一、岡安商事が倒産してしまった場合はどうなりますか?
積み立てていただいている金は、双日株式会社にて保管・管理しておりますので、積み立てしていただいている金に影響はありませんのでご安心下さい。


page
top