次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に関する一般事業主行動計画

2022年4月1日

社員が仕事と育児および家庭生活とのバランスをとるために、働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2022年4月1日~2025年3月31日までの3年間

2.計画内容

目標1
課長以上の管理職の女性労働者を1人以上増やす。
<取組内容>
2022年4月~ 女性を対象としたキャリア形成等に関するセミナーの提供。
2023年4月~ 管理職候補となる女性労働者の育成研修の実施。
目標2
有給休暇の取得率を50%以上にする。
<取組内容>
2022年4月~ 年次有給休暇の取得状況を月次管理する。
2023年4月~ 総務部から管理職に対して、年次有給休暇を積極的に取得するように要請する。その上で、社内イントラネットに取得状況を公表する。
2024年4月~ 社員は、当該年度に新たに付与された年次有給休暇の取得率が50%以上となるよう計画し、取得する。取得が進まない社員には、総務部から個別アナウンスを行う。
目標3
若年者に対する就業体験機会の提供等を通じて、適正な募集・採用機会を確保する。
<取組内容>
2022年4月~ 若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会を提供できる体制づくりを行うとともに、適正な募集・採用を行うべく、担当社員への教育・研修を充実させていく。


page
top