コーンは、需給報告でイールド大幅ダウンか

燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで

シカゴコーンは、天候相場特有の値動きとなっています。7月に入って高温乾燥予報で390セント台まで急騰、360セントあたりまで値を消す展開でこのゾーンをいったりきたりとなっています。
現在ほぼシルキングが終了しましたが、昨年のような豊作が期待できる状況ではありません。
クロップコンディションの良以上は、8/6時点で60ポイントと約1ヶ月で8ポイント悪化し、前年同期より14ポイントも下回っています。
8/10深夜に需給報告の発表が米農務省からありますが、単収の予想は、アレンデール163.3Bu、インフォーマー162.9Bu、FCストーン162.8Buと主要会社の予想は163Bu前後とかなり低い数字を弾いてきています。前月USDA報告が170.7Buなので8bu近い下方修正があるやもしれません。単収が1bu下方修正されると約0.83億Bu生産減となり、単収が6-8Buも引き下げられると、新穀期末在庫も20億Buを割り込み、一気にタイト化する。(FCストーン予想は16.42億)
需給報告前に買いを仕込むの一手だと思います。ストップは21200円あたりで。
来週は、上値を切り上げ、東京22000円台半ばへあたりへ浮上しそう

EIA週間石油統計、原油在庫-645万bd減(予想-280万)

燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで



EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)                   
原油   -645.1万(4億7544万)                  
ガソリン +342.4万(2億3110万)
製油所稼働率  96.3% 12年ぶりの高水準
原油生産  日量942万3000バレル 前週比7000バレル減


8月カレンダー
岡安商品カレンダー201708

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

EIA週間石油統計、ガソリン需要が過去最高




昨晩発表されたEIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)7/27時点は下記のとおり。                  
原油在庫   前週比-152.7万(4億8189万)                  
ガソリン在庫 前週比-251.7万(2億2768万)

ガソリン需要は984.2万バレル/dayと過去最高。原油在庫もガソリン在庫も予想を上回る取り崩しとなりました。

8月カレンダー
岡安商品カレンダー201708

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

EIA週間統計、原油在庫は720万バレルの大幅減、FOMC利上げ見送り


EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)7/21時点 
原油   -720.8万(4億8342万) 予想290万バレル減
ガソリン -101.5万(2億3020万)

(クッシング地区)
原油   -169.9万(5584万)

原油生産  -1.9万(941万バレル/day)
ガソリン需要 +22.9万(982.1万バレル/day)

予想を上回る原油在庫減を受けてWTIは48.87ドルまで急伸。

3時のFOMCは金利据え置きでした。資産縮小は早期に着手。
総合指数、コアともインフレは鈍化し、2%を下回る水準で推移で幾分が抜けたことによりドル売り反応となりました。


Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

EIA週間石油統計、原油、ガソリン在庫が予想以上に減少


昨晩のEIA週報では米原油生産量は日量942万9000バレルまで増加し、統計開始以来の過去最高水準に迫っているものの、原油在庫は減少。前週比-472.7万バレル減少の4億9062万バレルとなりました。さらにガソリン在庫が444万バレルも減少し、サプライズとなった。これを受けてWTIは一時47.64ドルまで値を飛ばした。
 


Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

USDA需給報告、コーン期末在庫引き上げ





USDAは、2016/17年度米国コーン期末在庫を7500万Bu上方修正して23億7000万Bu。
また、新穀2017/18年度の米国コーン期末在庫も前年度からの繰り越しとなる期初在庫の大幅引き上げもあって、予想平均の21.3億Buを上回る23.25億Buに上方修正。
単収据え置き、供給項目の生産量が1億9000万Bu上方修正される一方、飼料用需要が5000万Bu引き上げられました。
2017/18年度の世界コーン期末在庫は2.008億トンに上方修正、予想平均の1.952億トンを上回り、弱材料。来月は単収の引き下げがあるでしょうか。


6月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201706

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

EIA週間石油統計原油在庫は630万バレル減だが、




EIAから発表された週間石油在庫統計6/30時点によると、原油在庫は、前週比-629.9万減の5億0291万バレルと予想を上まわる取り崩しとなりました。ガソリン在庫も-366.9万バレル減となり、発表直後のWTIは46ドル半ばまで急伸しました。がしかし、原油生産が933.8万バレル/dayと前週から8.8万増加したことや、根強い供給過剰懸念から売られ、45ドル前半まで値を消しました。昨日はロシアが原産枠拡大に否定的な態度をとったことも嫌気されました。52ドルから42ドルまで下げて47ドルまで戻し、戻り高値確認で再度売り出発でしょうか。

6月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201706

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx

EIA週間石油統計、原油在庫は小幅増加、生産高減少



EIAが昨晩23:30に発表した週間石油統計によると、6月23日現在の原油在庫は前週比+11.8万バレル増の5億0921.3万バレルと小幅ながら3週ぶりの積み増しに転じました。市場では230万取り崩しを予想していました。
原油生産高は、日量925万バレルと前週から10万バレル減となりました。米国の増産を一因として、世界的な過剰在庫が早期に解消されないと警戒されているものの生産高減少が、買い口実となり、WTIは買われました。

6月のカレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201706

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx