OPEC月次報告、イラン大幅減産サウジ大幅増産で相殺





昨晩OPECから発表された月次報告によると米国の経済制裁でイラン産油高は日量295.4万バレルと前月から38万バレルの大幅減少となった。その分サウジが大幅増産、前月から37.7万バレル引き上げ1101.6万バレル/dayとなり、OPEC全体の産油量は3296.5万バレル/dayとほぼ横ばい。
2018年世界石油需要見通しを9879万バレル(前年比+150万)と据え置き、2019年世界石油需要見通しも10008万バレル(前年比+129万)と据え置いたが、伸びは前年から鈍化する。2019年の非OPEC産油量は、米国などの増産で前年比+227万バレル増の6864万バレル/dayの見通しとなっている。逆算するとOPEC生産量は3144万バレルで十分ということになる。11月産油量より150万バレルは減らさんと相場は上がらんか。

12月のカレンダーです。
岡安商品カレンダー201812

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル