原油暴落、WTI12連続下げ、OPEC+12.7万増産




WTIは、大暴落。11月が-4.24ドル安の55.69ドル。一時55ドル割れ。
石油需要が伸び悩むとみられている一方で、供給過剰感が強まると警戒されていることで、売りが売りを呼びストップを巻き込んでナイアガラとなった。
週末にアブダビで主要産油国によるJMMCが開催され、サウジアラビア・ファリハ・エネルギー相は来月のOPEC総会における減産を示唆したが、トランプがOPEC減産を牽制、イランに対する石油制裁を一時緩和したことで、来年前半にかけて供給過剰となりそうだ。
米国は中国やインドなどイラン産原油の主要な取引先に対して、180日間に限って購入継続を容認した。
昨晩のOPEC月次報告では2018年世界石油需要が前月から4万バレル下方修正の9879万バレルとした。
10月のOPEC産油量は3290万バレル/day前月比+12.7万バレルとサウジ&UAEの増産が効いた。

11月カレンダーです。
トレードのご参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201811

TOCOMウインドウ サポートデスク
TEL:03-5405-3125 【受付時間 平日 8:30~17:00】
FAX:03-5405-3931
Mail:tt@gj-platform.com
燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx金専門チャンネル