USDA需給報告、コーンイールドは予想外の小幅下方修正





需給報告において2017/18年度のコーンイールドが前月予測の170.7Buをわずかに下回る169.65Buへの下方修正にとどまったほか、生産量も事前予測の平均である138億5500万Buを大きく上回る141億5300万Buとされたことがバットサプラズでシカゴコーンは急落。USDAは、旧穀期末在庫を23億7000万Buに据え置き。新穀2017/18年度の米国コーン期末在庫は生産量が前月予測の142億5500万Buから141億5300万Buに引き下げられたため、前月予測の23億2500万Buから22億7300万Buに下方修正されましたが予想を上回りました。
USDAは、2016/17年度の世界コーン期末在庫を2.2861億トンに上方修正。ブラジル・コーン生産高見通しは9850万トンに引き上げられたが、アルゼンチン生産高見通しは4100万トンに据え置き。2017/18年度の世界コーン期末在庫は2.0087億トンで予想平均の1.83億トンを上回りました。
大豆の単収は49.4Buに真逆の+1.4上方修正。

燃料仕入れ、ローリー手配など岡安商事㈱法人部まで
8月カレンダー
岡安商品カレンダー201708

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx