USDA需給報告、コーン期末在庫は23.84億Bu予想を上回る

kon002
kon001
kon006
USDAから発表された穀物需給報告によると米国コーン旧穀2015/16年は輸出の下方修正を受けて期末在庫は1000万Buの上方修正としました。
新穀2016/17年は、イールド、生産高が前月から下方修正されたものの史上最高の大豊作でイールドが174.4Bu、ロイター予想平均173.4Buを上回りました。生産高見通しは前月から6000万Buの下方修正としましたが、史上最高の150.93億BUと、ロイター予想150.27億Buを上回りました。
飼料その他が2500万Bu引き下げられ、新穀期末在庫は、23.84億Buと2500万Buの引き下げとなりましたが、ロイター予想23.29億Buを上回りました。
2015/16年度世界需給は、世界コーン生産高が9.5902億トンとわずかな下方修正となりました。2015/16年ブラジル生産高は5ヶ月連続の下方修正で前月から-150万トン(6850→6700万トン)の引き下げとなりました。2015/16年世界コーン期末在庫は、前月から179万トン下方修正の2.0925億トンとしました。
新穀の2016/17年世界コーン生産高は、欧州が-95万トン(6210→6115万トン)、中国が-200万トン(21800→21600万トン)、ブラジル+250万トン(8000→8250万トン)引き上げられ、10.2661億トンと179万トンの引き下げとなりました。2016/17年世界期末在庫は、2.1946億トンと前月から135万トンの引き下げとなり、ほぼロイター予想平均(2.1935億トン)通りとなりました。

米国、世界とも生産高、期末在庫はやや下方修正されましたが、米国の大豊作、史上最高水準の生産高見通しは変わらず、弱気を覆すことができる数字ではありません。いずれにしろ需給緩和が前年から大幅にすすむ見通しとなっています。イールド、生産高見通しは、ロイター予想平均(イールド173.4Bu、生産高150.27億Bu)を上回り、豊作は織り込んでいるものの弱気の数字と云えます。現状の生育ステージは成熟期末期で収穫が先週から始まっています。現在の作柄状況は9/11現在良以上が74%と全く問題ありません。

東京コーン先限は、豊作観測で一時19000円を割り込み8/29には一時18920円まで叩かれ、その後19910円まで反発しましたが、今月は、弱持ち合いとなっています。これから収穫期を迎え、ハーベストプレッシャーが高まってくるものと思われ、基本戻り売りスタンスがベターと思われます。
kon0913

20161023_shisan
資産運用サービス部FXセミナー開催

9月カレンダー岡安商品カレンダー201609
投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら