WGC金需給報告

wgc001

wgc002

wgc003

wgc004
ワールドゴールドカンシルが発表したゴールド・ディマンド・トレンド2ndQ2016によると、2016年4-6月期の世界金需要は1,050.2トンと、前期比で18.3%減少、前年同期比15.4%の増加となりました。中央銀行など公的機関の購入は76.9トンと前年同期比-40%減、前期比-29%減となりました。
宝飾需要は444.1トンと、前期比で7.7%減少、前年同期比では13.6%の減少。工業や歯科治療などのテクノロジー需要は80.9トンと前期から0.7%増加、前年同期比では2.9%減少しました。ETFは236.8トンと前年同期のマイナスからは増加しましたが、前期からは100トンほど減少しました。世界全体の金ETF残高は前年同期からは26%増加となっています。
大方、好調だった前期(2016年第1四半期)の勢いはなくなっています。2016年上半期の需要合計は2335.5トンで年間ペースでは4670トンとなりますが、下半期はどうでしょうか?

8月カレンダーです。
岡安商品カレンダー201608
USDA需給報告、米国穀物レポート参照
米国穀物レポート160815

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら