USDA需給報告、コーン旧穀在庫は下方修正、新穀は20億超

kon001
kon002
kon003

昨晩USDAが発表した穀物需給報告によると、2015/16年米国コーン期末在庫を5900万Bu下方修正して18億300万Buと発表し、ロイター予想平均の18.41億Buを下回りました。輸入が500万Buの上方修正、消費項目の食品・種子・工業用が1100万Buの下方修正、輸出が7500万Buの上方修正としました。新穀の2016/17年期末在庫は、12年ぶりの高水準となる21億5300万Buと前年から3億5000万Bu緩和が進む見通しとなったが、ロイター予想平均22.94億Buを下回りました。イールド見通しはアウトルックの168Buをそのままとしました。
世界需給では、2015/16年世界コーン期末在庫を2.0787億トンに下方修正、新穀2016/17年度は2.0704億トンと予想し、ロイター予想平均の2.1156億トンを下回りました。
旧穀のブラジル生産高を前月から300万トン下方修正の8100万トンし、アルゼンチン生産高も前月から100万トン下方修正の2700万トンとしました。新穀のアルゼンチン生産高を3400万と予想しました。
昨晩のシカゴコーンは予想を下回ったことで下げ渋って大豆につられて10セント強の上昇となりました。ただ新穀に関しては、今のところ作付も発芽も平年を上回り順調でイ-ルドが今後十分引き上げられる可能性がありそうだ。

5月カレンダー
トレードの参考にどうぞ
岡安商品カレンダー201605

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら