弱気の米雇用統計を受けて米利上げ遠のき、金買い

koyou0506
heikinjikyuu506

週末6日のNY金相場6月ものは、+21.7ドル高の1294ドルと急反発でした。
4月の米雇用統計が予想を下回る内容だったことで、同国の追加利上げが遅れるとの観測が強まりました。
週末21:30に米労働省から発表された雇用統計によると、4月の非農業部門就業者数は16万人増と、7カ月ぶりの低い伸びにとどまり、予想20万4千人増を下回りました。失業率は5.0%と横ばいでした。平均時給は前月比+0.31%増の25.53ドルと伸びましたが、季節要因でかさ上げされています。
これを受けて6月の米利上げ観測が後退し、金は買いが優勢となりました。
 そして今週の方針ですが、東京金先限はここ2週間ほどは4430-4450円の持ち合いとなっていましたが、年内の利上げが、1回あるかどうかという感じに変わってきていますので、押し目買い方針でいきましょう。

5月カレンダー
トレードの参考にどうぞ
岡安商品カレンダー201605

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート160413

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら