WGC金4半期需給報告

wgc001
wgc002
wgc003
wgc004
wgc005
昨日ワールドゴールドカウンシル(WGC)が金の4半期需給報告である「ゴールド・ディマンド・トレンド・セカンドクォーター2015」を発表しました。
2015年4-6月期の世界金需要は914.9トンと前期比-15.6%減少、6年来の低水準となりました。宝飾需要は513.5トンと前期-14.9%、 前年同期比-13.6%減少。工業や歯科などのテクノロジー需要は85.5トンと前期から+4.8%増加、前年同期比-0.9%減少となりました。投資需要は金塊、コインなどの投資が201.4トンと前期比-20.1%減少、前年同期比-15.3%減少。ETF投資は-22.9トンと、前期のプラスからマイナスに転じました。中銀など公的機関の保有金購入は137.4トンと前期比+11.2%増加、前年同期比-12.6%減少となりました。
国別の消費者需要ではインドが前年同期比-25%減の154.5トン、中国が同-3%減の216.5トンとなり、全般弱気の数字となっています。

8月カレンダーはこちら、トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201508

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら