コーン作柄状況、良以上68%、3ポイント悪化

konsaku
daisaku
sakutukeyosou
シカゴ引け後に今朝方発表された6/28時点のクロッププログレスによると大豆作付け進捗率は、94%(昨年95%、平年97%)でした。発芽率は89%(昨年93%、平年94%)、開花率は8%(昨年9%、平年9%)でした。作柄状況の優+良の比率は先週から2ポイント悪化し63%でした。
コーンのシルキングは4%(昨年4%、平年8%)となりました。コーンの作柄状況の優+良の比率は68%と前週から3ポイント悪化しました。
昨晩のシカゴコーンは、一時急伸したものの、その後米農務省の作付面積報告の発表を控え、利益確定売りが出ました。7月きりは-1.75セント安の383.25セント、新穀12月きりは+0.25セント高の402.25セントで引けました。
過去2カ月の記録的降雨によるイールド低下懸念で、買いが先行しましたが後USDA報告を控え値を削りました。
深夜に発表される作付面積報告は、ロイター予想平均8929.2万エーカー、アレンデールは9174万エーカー、インフォーマー8877.7万エーカー、ADMインベスターズ9111万エーカーの予想となっています。6/1時点の四半期在庫報告はロイター予想平均45.55億Buと、前年の38.52億Buを大きく上回る予想となっています。

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は493万バレル減

genyuzaiko
gasozaiko
kuxtusinguzaiko
EIAが昨晩発表した週間石油統計(6/19時点)は、原油在庫が前週比493万4000バレル減少の4億6299万3000バレル、ガソリン在庫が68万バレル増加の2億1849万4000バレル、留出油在庫が183万7000バレル増加の1億3542万8000バレルでした。クッシング原油在庫は5624万5000バレルと、前週比187万バレルの大幅減少となりました。原油生産は日量960万4000バレル、前週比0.2%増、ガソリン需要は日量965万5000バレル、前週比5.2%増となりました。
原油在庫、クッシング在庫は予想以上に減少となりましたが、製品在庫増が嫌気され、昨晩のWTI8月ものは0.74ドル安の60.27ドルでした。

米国穀物レポート
米国穀物レポート150611

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は7週連続減少だがクッシングは増加に転じる

genyuzaiko
gasozaiko
kuxtusinguzaiko
EIAが昨晩発表した週間石油統計(6/12時点)は、原油在庫が7週連続減の前週比267万6000バレル減少の4億6792万7000バレル、ガソリン在庫が前週比46万バレル増加の2億1781万4000バレル、留出油在庫が前週比11万4000バレル増加の1億3359万1000バレルとなりました。クッシング原油在庫は5811万5000バレルと、前週比11万2000バレル増加で8週ぶりに増加に転じました。原油生産は日量958万9000バレルとなりました。

米国穀物レポート
米国穀物レポート150611

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

USDA需給報告

kon
kon1
kon3
daizu01
daizu2
kon4
昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると2014/15年米国コーン期末在庫は、エタノールを2500万Bu下方修正した結果、前月から2500万Bu上方修正して18億7600万Buとし、予想平均を上回りました。
新穀2015/16年米国コーン期末在庫は、期初在庫の引き上げにより、2500万Bu上方修正して17億7100万Buとし、予想平均の17億5800万Buを上回りました。他項目に変更はありませんでした。
2015/16年度世界コーン期末在庫は、1.952億トンに+325万トン上方修正し、予想平均の1.918億トンを上回りました。
 一方米国大豆期末在庫は、旧穀を2000万Bu下方修正して3億3000万Buとし、予想平均の3億4200万Buを下回りました。新穀2015/16年米国大豆期末在庫は、前月から2500万Bu下方修正して4億7500万Buとし、予想平均の4億8500万Buを下回りました。期首在庫が2000万Bu下方修正、圧砕需要が500万Bu上方修正されました。生産高見通しはそのまま据え置きとなりました。 世界需給では、2015/16年世界大豆期末在庫を300万トン下方修正し、9320万トンとし、予想平均の9630万トンを下回りました。
米国小麦在庫も上方修正され、コーン、小麦は弱気、大豆はやや強気の数字と言える。
シカゴコーン7月限は、在庫の上方修正、足元の新穀生育に問題がないことが嫌気され-7.75セント安の357.25セントと大幅続落となった。

米国穀物レポート
米国穀物レポート150611

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

トルコ円スワップ金利は、上場来平均122.8円/1枚

koukinri
torukoen

トルコ円がTFXに上場されて1ヶ月経ちました。
5/11から6/9までのスワップ金利は、1枚あたり、3686円で1日平均122.8円となっています。10枚だと1228円なので毎日いいランチが食べれるイメージです。証拠金も6/8現在1枚19000円、10枚であれば19万円とお手頃で資金効率も一番いい銘柄です。
チャート的にも45円以下の水準は2011年後半と2012年前半を除けば、2014年1月と2015年4月の2回くらいしかなく、下値リスクも現在の45円前後であれば、少なく感じます。

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート150512

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

クロッププログレス、コーン発芽率は91%。

konhatuga
daizuhatuga
konsakugara
シカゴ引け後に今朝方発表された6/7時点のクロッププログレスによるとコーンの発芽率は、91%(前年90%、平年90%)となりました。作柄状況の優+良の比率は74%と前週と変わらずでした。一方大豆作付け進捗率は、79%(予想82%、昨年86%、平年81%)でした。発芽率は64%(昨年68%、平年63%)でした。作柄状況の優+良の比率は69%でした。
6/10のUSDA需給報告は、農産物アナリストの会によるトウモロコシの2015/16年度の期末在庫予想の平均は18億2200万Buと、5月報告の見通しの17億4600万Buを上回っています。一部通信社の予想平均は17億5800万buとなっています

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート150512

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

米雇用統計NonFarmPayroll+28万人増、失業率5.5%、円安加速。

koyou
doruen

米労働省が週末発表した5月の雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月比28万人増と、市場予想の22万5000人増を大きく上回り、これを受けて、FRBが年内に利上げに踏み切るとの見方が高まりました。
ドルが対ユーロを中心に主要通貨で独歩高となったためドル建て金に割高感が生じ、NY金は売り優勢となりました。ただ東京金は、125円後半への円安加速がフォローの風となっており、終値は4700円台を回復し、しっかりとなっています。
一時125.87円まで飛びましたね。
イエレンさんが気にしてる平均時給も24.96ドルと1年前から+0.56ドル伸びています。
kin

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート150512

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

EIA週間石油統計、原油在庫は、194万バレル減。

genyuzaiko
gasozaiko
kuxtusinguzaiko
EIAが昨晩発表した週間石油統計(5/29時点)は、原油在庫が前週比194万8000バレル減少の4億7741万5000バレル、ガソリン在庫は33万4000バレル減少の2億2029万3000バレル、留出油在庫は377万3000バレル増加の1億3261万2000バレルとなりました。
クッシング原油在庫は5902万7000バレルと、前週から98万3000バレル減少となりました。原油生産は日量958万6000バレルと前週比0.2%増と過去最高となりました。
EIA統計での原油増産、OPEC総会を週末に控え、一部の生産枠引き上げ観測から、WTIは、急反落となりました。

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート150512

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら

クロッププログレス、コーン発芽84%。

konsaku
daisaku
konhatuga
daizuhatuga
シカゴ引け後に今朝方発表された5/31時点のクロッププログレスによるとコーンの作付進捗率は、95%(前年94%、平年94%)発芽率は、84%(前年77%、平年79%)となり、平年を上回っています。作柄状況の優+良の比率は74%(予想75%)と前週と変わらずでした。
一方大豆作付け進捗率は、71%(昨年75%、平年70%)でした。発芽率は49%(昨年46%、平年45%)でした。
順調に生育していますので、今後豊作の売り人気が高まるものと思われます。

6月カレンダーです。トレードの参考にどうぞ。
岡安商品カレンダー201506

米国穀物レポートはこちら
米国穀物レポート150512

投資の達人、株価予想

Vn234_60
1分で聞ける商品市況「コモディティボイス」はこちら

bn_cxfx
金専門チャンネルはこちら