クロッププログレス、コーンシルキングは56%終了。


Silk
Bloom
Konsakugara
   シカゴ引け後に今朝方発表された7/20時点のクロッププログレスによると、大豆開花率は60%(昨年43%、平年56%)、着ザヤ率は19%(昨年7%、平年17%)となりました。
大豆の作柄状況の優+良の比率は前週から1%改善の73%でした。
コーンシルキング率は56%(昨年同期39%、平年55%)となりました。コーンの作柄状況の優+良の比率は前週と変わらずの76%でした。受粉はほぼ半分終了し、豊作期待の売り人気が高まっています。

コメントを残す