SPDR金ETFは今年に入って534トン(-39.5%)の激減


Etf1
Etf2
 昨年末のNY証券上場のSPDR金ETF残高は1350.82トンあったのが12/17現在816.82トンと534トンも1年間で激減。4割近くの減少で資金流出が止まらない。NY金価格もETF残高と連動して下落しているが、グラフを見ていると直近は下げ渋ってる感じがする。近い将来の米国量的緩和縮小で来年は1000ドル割れてもおかしくはないような気がするが、、

USDA需給報告


Kon11
Kon22
Dai11
  昨晩USDAから発表された穀物需給報告によるとコーン期末在庫は17億9200万Buと前月から9500万Buの下方修正になり、予想平均の18億6100万Buを下回りました。エタノール需要が49億5000万Buの5000万Buの引き上げ、輸出が14億5000万Buと5000万Buの引き上げとなりました。数字は強い数字となりましたが、EPAの使用義務量引き下げの思惑もあり、エタノールの上方修正には懐疑的と言わざるえず、しったらしまいとなりそうです。世界需給ではウクライナとカナダが増産の影響で生産高が9億6428万トンと前月から146万トンの引き上げとなりました。
Kon33

米雇用統計


Koyou
  先週末発表された11月の米雇用統計は非農業部門就業者数が20.3万人増、失業率が7.0%と改善され予想より強い数字となった。これを好感して円安、株高がすすんだが、商品の方はさほど反応せず。ただ円安が国内商品を下支えとなっている。
来週のFOMCで量的緩和の縮小が決定されろのかどうか注目されるが、そこまでの改善ではなさそうだ。
しかしながら円安株高基調が続くものと思われる。