クロッププログレス


Kon1
Kon2
Kon3
   シカゴ引け後に今朝方USDAから発表された10/27時点のクロッププログレスによると、コーンの成熟率は98%(昨年同期100%、平年97%)、収穫率は59%(昨年同期91%、平年62%)となりました。作柄状況の良以上の比率は62%と+2ポイント改善しました。収穫も問題なさそうですね。来月にかけてハーベストプレッシャーが高まり、売り圧力が強くなりそうです。
 

コメントを残す