クロッププログレス、コーン発芽92%、作柄状況1%改善


Kon1
Dai1
Kon2
Kon3
  シカゴ引け後に今朝方発表された6/16時点のクロッププログレスによるとコーン発芽率は92%(前年同期100%、平年97%)となりました。クロップコンディションの良以上の比率は、前週から+1ポイント改善し64%となりました。今年は土壌水分も問題なさそうで、豊作観測がたかまるでしょう。

コメントを残す