WGC金4半期需給報告


Kinjyuyou
Kintousi
Kinetf
Kinjyeri
昨日WGCから発表されたゴールドデマンドトレンドによると、
2013年第1四半期(1-3月期)の世界金需要、963.0トン、前期比-7%減、前年同期比-13%減となりました。
宝飾需要は551.0トンで前期比2%、前年同期比+12%増加。
投資需要は金塊、コインなどの一般向けの投資が377.7トンと前年同期比+10%増加。
ETF投資 は、解約がすすみ – 176.9トンとなりました。
全体の投資需要は前年同期で半減し、200.8トンとなりました。