WGC金4半期需給報告


Kinjyuyou
Kintousi
Kinetf
Kinjyeri
昨日WGCから発表されたゴールドデマンドトレンドによると、
2013年第1四半期(1-3月期)の世界金需要、963.0トン、前期比-7%減、前年同期比-13%減となりました。
宝飾需要は551.0トンで前期比2%、前年同期比+12%増加。
投資需要は金塊、コインなどの一般向けの投資が377.7トンと前年同期比+10%増加。
ETF投資 は、解約がすすみ – 176.9トンとなりました。
全体の投資需要は前年同期で半減し、200.8トンとなりました。

JM白金需給報告


Pt1
Pt2
Pt3
Pt4
昨晩ジョンソンマッセイ社から発表された「Platinum2013」によると2012年の白金世界需給が、南アの減産の影響で37万5000トロイオンス(11.7トン)の供給不足の見通しとなりました。
また今後6カ月の相場レンジを1415~1710ドル、平均を1570ドルと予想しています。

クロッププログレス


Kon1
Kon2
今朝方シカゴ引け後に発表された5/12時点のクロツププログレスによるとコーンの作付進捗率は28%(前年85%、平年65%)となりました。発芽率は5%(前年52%、平年28%)となりました。
相変わらず大幅に遅れています。