JM需給報告、2011年は19.5万oz供給過剰

Jm1
Jm2
出所:ジョンソン・マッセイ
昨晩22時にジョンソンマッセイから発表されたPlatinum2011 InterimReviewによると、2011年の白金生産高は、南ア、ジンバブエの増産を受けて前年比+5.7%増の639.5万オンス、リサイクルが+2.7%増の188万オンス、白金総需要は+2.2%増の808万オンスとなりましたが、前年の供給不足から、一転+19.5万オンスの供給過剰となりました。6ヶ月の白金価格見通しは1450-1800ドルと示し、横ばい。どちらかというとやや弱材料でしょう。
投資需要は前年比-24.5%減の49.5万オンスとなりましたが、化学、石油、触媒需要などの増加でカバーしました。
主要国生産高(2010→2011)
南ア  463.5→477.5万オンス
北米   20→36万オンス
ロシア  82.5→82.5万オンス
ジンバブエ28→33.5万オンス
Jm01