中西部はコーン作付け遅れ、最悪の土壌

Konsaku0426
Sui0426

ミズーリは洪水、オハイオもぐちゅぐちゅ、ここにきて大生産地のイリノイも大雨でだめ。
主要18州のコーン作付け進捗率24日現在は、昨年同期46%に対してなんと9%とめっちゃ遅れています。
主要州コーン作付け進捗率
アイオワ3%(平年28%)
イリノイ10%(平年27%)
インディアナ2%(平年15%)
ミネソタ -(平年22%)
ミズーリ28%(平年41%)
オハイオ1%(平年14%)
国内コーンはもっと盛り上がらんとあかんのだが、証拠金アップでいまいち。

USDA需給報告

Eata0408
Corn0408
USDAは2010/11年度のコーン期末在庫を6億7500万Buと、なんと予想外に据え置き、予想平均の5億9500万Buを上回りました。需要サイドで、飼料向けが-5000万Bu下方修正されましたが、エタノール向けが+5000万Bu上方修正されて相殺となりました。
世界需給では、ブラジル生産高が5300→5500万トンに引上げ、中国消費が1億6400万トンに200万トン上方修正、中国期末在庫が140万トン引下げられ、世界全体の期末在庫は前月比-71万トン下方修正されて1億2242.8万トン(在庫率14.6%)となりました。
この発表を嫌気して週末の国内夜間セッション23時前の引け際やシカゴ朝方は急反落となりました。
ただその後シカゴが切り返し、国内週明けは値を取り返しました。
天候相場入り前のいい買場を提供してくれたかもしれません。

米雇用統計

週末に発表された米雇用統計は、失業率が、8.8%と、前月の8.9%から低下、事前予想8.9%も下回りました。非農業部門雇用者数は21万6000人の増加となり、事前予想の19万人増を上回りました。前月は19万4000人の増加と、速報値の19万2000人増から上方修正されました。この結果を受けてドル買いが加速、NY金は売り優勢となりました。
Doru0401
Gold0401

作付け意向面積

Saku0401
USDAは2011年のコーン作付意向面積を9220万エーカーと発表し、前年実績の8819万エーカーから増加し、事前予想平均の9166万エーカーを上回りました。
3月1日在庫は65億2000万Buで、事前予想平均の67億0100万Buを下回りました。               
USDAは2011年の大豆作付意向面積を7660万エーカーと発表し、前年実績の7740万エーカーから減少し、事前予想平均の7697万エーカーを下回りました。3月1日在庫は12億5000万Buで、事前予想平均の12億9500万Buを下回り、
この発表を受けてシカゴ穀物は急騰。国内も夜間セッションから上昇しました。朝一はサーキット発動です。四半期在庫が強気数字でで8日の需給報告の在庫も下方修正されるでしょう。
Daizu0401
Corn0401