金の需給構造の変化②

Tousi1230
金の投資需要は2003年まではおおよそ毎年400トン前後であったが、
2002年にETFが加わってから、毎年増加傾向。昨年初めて1100トンを超えたが、今年はすでに第3四半期時点で金の投資需要は1061トンに達している。約半分は金ETFである。今後もこの傾向が続き、年明けからも年金資産や政府系ファンドのETFを通じた買い付けなど期待できるであろう。
Tousisihanki1230

金の需給構造変化①

Kiuteki
Kin1230

今年の9月にNY金は1000ドルを超えてから急ピッチで上昇し11月にインド中央銀行買い付けのニュースもあり、12/3には史上最高値の1226ドルをつけました。その後、欧州の信用不安、米国の早期利上げ観測などでドルが対ユーロなど主要通貨に対して買われ、金は調整局面となり、高値から100ドル以上調整しておりますが、上昇基調が強かった分健全な調整といえます。

金の需給事情が数年前とがらりと変わってきており、供給サイドの重要項目の中央銀行などオフィシャルセクターの金のネット売り越し幅は、毎年500600トン前後ありました(2005年663トン)が、今年は売却量より、購入量の方がおそらく上回るのではないでしょうか。データーは来年2月くらいにならないとでてきませんが、今年第3四半期時点でわずか40トンほどの売り越しでした。4Qの新興国中央銀行の買い付けで初の逆転現象になる可能性が出てきました。来年も年明けから年金資産の買い付けも期待でき、再度の史上最高値更新は、ないとは言い切れないでしょう。

 

コーン残り収穫は無理?

Kon1225
Konsyukaku1225
コーン収穫率は、12/20時点で95%とクリスマスになっても収穫が終りそうにない。
コーンベルト北部の雪の中にコーンは埋もれてしまった。農家は想定外のずれ込みでどうやら収穫放棄せざるえないかもしれない。
収穫面積5%の放棄でも6億buほどの供給減少につながる。シカゴもここ数ヶ月持合いだったが、そろそろかな。
Sikago1225

EIA週石油統計

 

Genyu1224
Gaso1224
Des1224
Gasoseisan1224

昨晩EIA発表の週間石油統計では、原油在庫が前週比-490万バレル減の32750brrlと、サプライズの3週続けての大幅減少。前週の-370万バレル減、前々週の-380万バレル減に続き、3週連続で合計1235brrlの在庫急減となり、需給引締まり感が強まり、WTIは急騰。また、石油製品在庫も、ガソリンが前週比-90万バレル減の21630brrl、ディスティレートが前週比-310万バレル減の11630brrl、とそれぞれ前週から減少し、瞬間的に77.00ドルちょうどまで買われ2日間で約3ドルほどの上昇となりました。

暫定税率決着か

ガソリン3-4月限チャート

Gasosaya1222
本日午後の臨時閣議で税制大綱が決定されるようだ。
鳩山総理の最終判断でガソリン税など暫定税率やたばこ税、子ども手当ての年収制限など決まりそうだが、
民主党も船頭が多いせいか、二転三転することも多いが、マニフェストは結局守れずということか。ガソリン3-4月サヤも暫定税率廃止の思惑で一時4000円以上ひろがっていたが、暫定税率存続案浮上で現在2000円内に縮小している。またガソリン税から環境税に名前代えて環境庁が取ろうとしていたが、先送りされるようだ。
たばこも1本5円増税されそうだ。5円ということは1箱100円アップ
たばこを吸うこと自体、贅沢といえる時代になった?

ユーロと金

Yurokin1218
欧州の信用不安からユーロが急落、ドル急伸リスク逃避の動きが高まり、NY金は急落。一時時間外では1100ドル割れを演じた。
これまでのユーロ高ドル安=金高の図式が崩れたかのように国内金も直近安値3183円割れとなった。しかし、これまでのようにドルだけでなくユーロに対しても代替資産、信用不安なら安全資産として金が見直される時期もくる。
今年1月の動きはユーロと金の動きは逆相関でした。このへんにヒントがありますよ。

EIA週石油統計

Genyuzaiko1217
Gasozaiko1217
Des1217
Kadouritu1217
昨晩EIA発表の(~12/11)週間石油統計は、原油、ディステレートなどがサプライズの大幅減少となりました。これを受けてWTIは2ドル近くの急騰を演じました。
ヒーティングオイルも寒波の影響で5000万brrl割れで4832万brrlとなりました。
原油在庫3億3238万brrl 前週比-369万brrl
ガソリン在庫2億1721万brrl 前週比+88万brrl
ディステレート 1億6436万brrl  前週比-295万brrl

世界穀物需給

Worldkon1216
Worlddaizu1216
Zaikoritu1216
世界的には、コーンはタイトな状況。2009/10年は1310万トンの供給不足で2009/10年コーン世界消費は初めて8億トン超え。来年は大相場が来そうな気がするが。
Kon1216
国内コーンも12/3の戻り高値を抜き、形はよくなってきた。
Fund1216

コーン収穫率

Konsyuukaku1215
USDAが今朝発表したクロップ・プログレスによると、トウモロコシのHarvested・収穫率(12/13現在)は前週比+4ポイント上昇の92%となりました。主要生産州ではアイオワ96%、イリノイ90%(前年同期100%)となっています。イリノイは収穫放棄のところも出てきそうだ。