クロッププログレス

Konsyuukaku1110
Daizusyuukaku1110
Konsakugara1110
USDAが9日発表したクロップ・プログレスによると、大豆のHarvestd収穫率(11/8現在)は前週比24ポイント上昇の75%となり、過去5年平均の92%、前年同期91%を下回った。
 トウモロコシの収穫率は前週比12ポイント上昇の37%となり、過去5年平均の82%、前年同期69%を大幅に下回った。主要州ではアイオワ34%(前年同期59%)、イリノイ31%(同78%)。めっちゃ遅れている。
Mature成熟率(8日現在)は前週比3ポイント上昇の97%で、過去5年平均の100%を下回った。
 一方、トウモロコシの作柄状況は、優+良の占める割合が前週から1ポイント上昇の68%となった。