「お米の情報」カテゴリーアーカイブ

8/6更新 値段・現物メニュー表

こんばんは。今日もお疲れ様です。
今日から夏の甲子園が開幕しました。
今年も心奮わせる熱い感動が見ることができればと思います。
(私の母校は県大会決勝で惜しくも破れました・・・)

コメ先物価格表と現在の現物メニュー表を
更新いたしましたので、ご確認ください。
8/6(火)コメ先物価格表

昨日、7月分の主食用米の需給動向のDIの発表がありました。
■主食用米の需給動向
・現状判断DI 58(前月比 +2)
・見通し判断DI 51(前月比 ±0)
■主食用米の米価水準
・現状判断DI 68(前月比 -2)
・見通し判断DI 54(前月比 +3)
この数字から読み取れるものとして、見通し判断は【向こう3か月】を指しますが、7月を基準とすると10月、乃ち新米が出回るピークを迎える時期となりますが、現状判断DIと比較して数値が下がっているということは、不作はない見通し(作況で100は上回る?)、価格は下落基調に入ると見ている当業者が多いと見受けることが出来そうですね。あくまでも予測ですが・・・。

現物メニュー表
岡安商事 現物売買<合意早受渡>の流れ
↑クリックで確認することができます。

先週の(7/29~8/2)の主な受渡(1等ベース)は
新潟県魚沼産コシヒカリ 80俵 北陸置 23,650円
新潟県産コシヒカリ 225俵 北陸着 合意格差±0
秋田県産ゆめおばこ 204俵 東北着 14,500円
茨城県産コシヒカリ 220俵 東北着 14,930円
新潟県産コシヒカリ 200俵 北陸着 合意格差±0
新潟県産コシヒカリ 25俵 北陸着 合意格差±0
秋田県産あきたこまち 50俵 東北置 17,500円
新潟県産コシヒカリ 200俵 北陸着 合意格差±0
【受渡日順】
となっております。

掲載されていないものでもご対応はしておりますので、
何なりとお問い合わせ頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

4/9更新 備蓄米の行方

こんにちは。

明日、関東では【平成最後の大寒波】が到来するようです。
数年前まで4月にコートを羽織ることはなかったような気がしますが…。正直、4月にコートは抵抗があるため、マフラーだけつけていましたが、明日はそういうわけにはいかないみたいです…。
東北では雪の予報も出ているみたいですし、体調だけは崩さないようにしていきたいものです。

それでは今日のコメ価格表です。

ここ数日、様子眺めの日々が続いています。

先日、備蓄米確保のために運用改善を検討する旨のニュースが流れました。
2019年産の政府備蓄米の買い入れ予定数量はCPTPP発行に伴い、オーストラリア産米の輸入枠9,000トンを追加した209,000トンとなっており、3/26までの入札で約146,000トンが落札されました。
ここ数年、予定数量の落札がなされないことから、一部では【無理に落札価格を上げてきている】という声もありますが、万全を期して落札数量を達成させようとしているのかもしれません。

現行では対JAから入札する備蓄米に取り組む農業者の同意が必要とのことです。そこでとある政治家はJAが一括して集荷したコメを備蓄に取り組めるよう運用改善を求めたようです。

会合では備蓄米が農業者の経営安定にメリットがあると強調しているようですが、マーケットにいる人間としては・・・

【経営安定なら先物やったらどうですか?】

とつぶやいてしまいそうです…。

この件が2019年産の相場にどう影響するかわかりませんが、需給に無理やり介入しようとするから、当業者が困惑する価格変動になっている気がしますが…。

生産者の方に聞くと【不作で値段が高くなるより、値段が安くても豊作の方がいい】との声が圧倒的に占めますが…。生産調整の廃止もどこ吹く風のような気がします…。どうなんですかね?
6月までの入札動向が現場の評価となりそうな気がしますね。
尚、次回の入札は4月16日(火)を予定しております。

そして、現在の現物メニュー表です。
売りメニュー
 


買いメニューです

掲載されていないものでもご対応はしておりますので、何なりとお問い合わせ頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。

3/20 東京オリンピックの影響は?

 

皆さんこんにちは。

2019年産~2020年産の需給見通しを、今一度改めて記載します。

2019年産(31年産)は生産見通しが718万トン~726万トン。
主食用米需要は726万トンと天気次第で需給が締まる可能性があります。
5年連続の価格上昇の可能性があります。
価格高騰にはご注意ください。

さて2019年3月20日(水)の相場表です。

 

 

 

ここのところ、大局的に見れば、秋田こまちと新潟コシは上がっている印象で、東京コメは下がっている印象です。
先々のお値段は気になるところです。
価格変動に関して、お米の先物と外食産業は切り離せません。
外食産業に関しては、人件費を抑えるために無人レジなどが出てきております。
また、まだ少し先ですが、2020年に東京オリンピックを控えておりますので、外食産業に出る影響は大小関わらず出るかと思います。
日本のお米は、良食味と評判がよく注目されております。
中国では、富裕層を筆頭に人気があり、昨年(2018年)輸出枠が増設されました。
外食産業の影響がコメ先物市場にどんな影響を及ぼすのかも注目です。

 

弊社では現物の仲介も承っております。

 

直近の合意です。

・19 日 平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等  200 俵

・20 日 平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等  200 俵

・20 日 平成 30 年産 千葉県産ふさおとめ 1 等  440 俵

こちらが、現物メニューです。

 

 

 

随時更新しておりますので、ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

3/7 スマート農業?

皆さんこんにちは。

最近よく「スマート農業」というワードを聞きます。
現在は、トラクター、田植え機、コンバインなどが使用されているのが一般的です。
それに対し、昔は田起こしするのに、牛を使って田起こしをていると学校で習ったのを思い出し、農業は歴史が長いんだと感じます。

日本の農業といえば縄文時代から行われており、手植えされる時代から田植え機で植えられるようになり、現在農業はAIを導入してスマート農業へと時代が変わろうというところに来ていることを実感しております。
ご存知の方も多いと思いますが、スマート農業は、AIなどを活用して行う農業です。ドローンで肥料をまいたりするのは知っておりましたが、
スマートフォンでいつ種をまき、肥料はどのくらいなど記録をつけるアプリや、スマートフォンやPCで水位水温を把握でき、データをクラウド上で管理するので、情報を記録し、収量や収益比較ができるものもあります。

さて、2019年3月6日(水)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

先日(2月26日)に全国の農業をする若手農家が集まる「全国農業青年クラブ」の会合にお邪魔させていただきました。
全国農業青年クラブ会長の竹本様と農林水産大臣の吉川様の挨拶から始まり、農業の高齢化という課題を背景に農業の魅力を語られたり、これからはAIによりスマート農業でどのようになるかという講演と各農家さんが年間通して取り組んだことの発表でした。

なかなか聞くことのできないお話を聞くことができました。
農業の良さを発信するような講演会はかなり開催されております。農家さんの高齢化、農業離れ、担い手不足という課題がありますが、日々お米や野菜などの農産物や畜産物を食べられているのは農家さんのおかげだと感謝しております。
有難うございます。

弊社では現物の仲介も承っております。
直近の成立した合意です。

・ 22 日 30 年産 千葉県産ふさおとめ 1 等  663 俵

・22 日 30 年産 新潟県産コシヒカリ 1等50 俵

・26 日 30 年産 長野県産コシヒカリ 1等 220 俵

・27 日  30 年産 長野県産コシヒカリ 1 等 220 俵

こちらが現物メニューです。

随時更新しておりますので、ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/22 お米の軽減税率適応は?

 

皆さんこんにちは。

媒体等でご存知の方も多いと思いますが、2019年10月1日に消費税が8%から10%に変更される予定です。
食品に関しては、いわゆる軽減税率が適応され、税率が8%のままの予定です。

今のところ軽減税率適応の範囲として、お酒や外食サービスを除く飲食料品が対象となっております。
なので、お米の消費税は従来通り8%と予定されております。

消費者の方は従来通り8%の税率のものを店頭で手に入れることができますが、集荷や卸さんは、運賃代として10%の消費税がつくことになりますので、相対的に価格が上がる材料になるかもしれません。(ただし作況にもよりますが)

今のところ、非消費者側として日々の業務では、帳簿と請求書に変更点があります。
また、8%と10%の税率に対応したレジに変更がある場合は軽減税率対策補助金が経費の一部として補助される予定となっております。

さて、2019年2月22日(金)の大坂堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 

 

 

新潟コシが2019年4月限(30年産)が+200円です。
新潟コシヒカリは、今年不作で在庫量があまりなく、在庫確保のため買いが入ったと思われます。
他の銘柄(秋田こまちと東京コメも)も買いが入っております。

税率変更に伴い、運賃が上がればマージンを確保するために、価格を上げなければいけないことになり、前年よりも価格の上昇につながるかもしれません。(ただし作況にもよりますが)

また、弊社では現物の仲介も承っております。

今週成立した合意です。

15日(金)

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 1 等  200 俵

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 1 等 200 俵

18日(月)

・ 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等 200 俵

19日(火)

・30 年産 新潟県魚沼産コシヒカリ  1 等  220 俵

・30年産 新潟県魚沼産コシヒカリ 2 等 110 俵

 

こちらが現物メニューです。

 

 

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/15 第2回備蓄米入札は…

 

 

皆さんこんにちは。
先程、備蓄米13,850円で成立したというお声がありました。
前回に引き続き、今回も意外に高かったように感じます。先物市場にも影響が出てくるのではないでしょうか。

さて、2019年2月15日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

現在新潟コシヒカリの31年産の価格は、16,500円~16,600円で動いています。
昨年末に比べると200円程高くなっております。

備蓄米は昨年より高く、新潟コシ31年産も上がっておりますので、生産されている方からすれば、安心して米作りができるのではないでしょうか。
そうなると、いざ蓋を開ければ、作付けが増え新米の価格が安くなるという事も考えられます。

お米の先々の価格はどうなるか分かりませんが、予め2019年産の値決めが出来る先物も一つの手段として使うことができます
ので、ぜひご参考にしてください。

 

弊社では現物の仲介も承っております。
昨日合意が成立しました。

・30 年産 千葉県産コシヒカリ 1 等   220 俵

・ 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等   200 俵

ご参考になればと思います。

こちらが現物メニューです。


現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/13 第二回備蓄米入札は13,600円台?

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

土曜日は関東にも雪が積もりました。雪合戦できるほど積もった訳ではありませんが、道ばたに植えられている花に雪が積もっているのを見るとなかなかみることができなかったので、思わず携帯のカメラで撮影してしまいました。

さて、昨日ですが、政府の備蓄米入札があったようです。第1回目が13,800円だったので、第2回目の入札は13,800円に近い価格になるのでしょうか。先程入った情報では、13,600円台での落札があったようです。
今回はそこが高いのか安いのかまたリサーチしていこうと思います。

さて、2019年2月13日(水)の大阪堂島の相場表です。

 

 

東京コメの2019年10月限が-190円です。ここ最近の続落が目立ちます。
多収米の推奨から収穫が多いと見られ売りが出ているのかもしれません。

また、弊社では現物の仲介も承っております。
こちらが現物メニューです。

 

2月12日(火)に合意が成立しております。

平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等 新潟県 8 枚 200 俵

ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/8 第二回備蓄米入札はどうなる?

 

 

皆さんこんにちは。

先日(1月29日火曜日)政府の備蓄米買い入れが行われました。
政府の第1回備蓄米入札で渡し方の事前予想として、13,200円という予測でした。
しかし、そんな様子見ムードの中、13,800円で落札されたこともあり、第2回備蓄米入札も13,800円以上での政府買い付けが予想されます。
そのため2019年産の相対や市中でも価格が上がることが懸念されます。
理由として第2回備蓄米入札(2月12日火曜日)では、備蓄米として販売する資格を得た業者の方々が13,800円よりも高値で売れると見込んでおり、産地から播種前契約をする備蓄米の渡方の法人も少なくないそうです。

相対や市中でも価格が上がることが懸念されれば、値上がりしたときのリスクに備えて、先物で予め値決めするための買いがでるかもしれません。
ただし、備蓄米の買い入れを行わないなどの調整がされる可能性があるかもしれないので注意をしなければいけません。
今後第8回目まであるので、第2回入札以降の動向にも注目していきたいと思います。

 

本日2019年2月8日(金)の相場表です。

 

今日は全体的に下げております。
新潟コシはここ最近続伸しておりましたが、今日は下がっております。(10月限-40円、12月限-80円)
東京コメ(2019年10月限)が今日は、-170円です。

また、弊社では現物の仲介も承っております。

成立した合意の内容です。

・新潟県産コシヒカリ 104 俵  1 等 8 枚
新潟県産コシヒカリ 96 俵 2 等      合計200俵

・新潟県産コシヒカリ 1 等 新潟県 8 枚 200 俵

 

こちらが現物メニューです。

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/1 新潟コシヒカリ

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

今年は天皇陛下が即位するということで、元号も変わります。
どんな元号になるか気になる方もいると思います。
私も気になる人の一人です。
新元号は、豊作と消費増加を願って「豊増」の可能性は何%あるかなと頭の中で誰にも言うことなく考えております。

さて、2月1日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

 

現在先物では、新潟コシヒカリ期近の2月限が18,200円を付けております。
新潟コシの期近の2月限は昨年の夏頃に15,350円台でした。2月1日の値段と比較すると約3000円違います。

売れ筋御三家の一つである新潟コシを仕入れたい方も多いと思いますが、昨年の夏頃に先物で先に値決めしたものを仕入れておけば、今高い新潟コシヒカリが15,000円で手に入っていたということもあって、かなり経営で助かる部分があるかと思います。

予め値決めをしていただくと販売先との価格でマージンの確保ができるかもしれません。

また弊社では現物も取り扱っております。
こちらが現物メニューです。

 

 

また、昨日1月31日に合意が成立しております。

・平成 30 年産  新潟県産コシヒカリ 1 等  200 俵

・平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等   200 俵

ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/30 2月開催 新潟・秋田コメ先物ミニセミナー

 

 

 

皆さんこんにちは。

コメ先物ミニセミナーが新潟県にて2月6日(水)
秋田県にて2月12日(火)と2月13日(水)に開催されます。

詳細はこちらです。

・新潟ミニセミナー
2月6日(水)14:00~16:00
株式会社新潟流通センター1階中会議室
住所:新潟市西区流通センター3-3-4
TEL:025-260-5522

・秋田ミニセミナー
2月12日(火)14:00~16:00
能代商工会館 3階多目的ホールB
住所:能代市元町11-7
TEL:0185-52-6341

2月13日(水)14:00~16:00
秋田県教育会館 3階305会議室
住所:秋田市山王4-4-14
TEL:018-862-8255
セミナーの内容と致しましては、コメ先物取引の概要や活用事例を説明いたします。参加費無料となっておりますので、是非お気軽にご参加くださいませ。

 

さて、1月30日(水)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

昨日ですが、政府の31年産備蓄米入札がありました。
昨年(2018年)は買い入れ枠20万トンに対し入札が123,000トンでした。
この数字は平年の入札よりも低い数量となっております。
今年買い入れ枠を増大するので入札が昨年よりも見込まれる可能性があります。

主食用米が備蓄米に回ると市中に出回る主食用米も減りますので、需給が締まれば主食用米の価格がより上がってしまう可能性があります。

備蓄米の入札による需給の締りが予測される可能性があるという背景なのか東京コメの新米(2019年10月限)や新潟コシの新米(2019年10月限・12月限)の値段が上がっております。ご参考になればと思います。

 

 

また弊社では現物も取り扱っております。
こちらが現物メニューです。

 

 

また、昨日29日に合意が成立しております。

・平成 30 年産 1 等 新潟県産コシヒカリ 89 俵
・平成 30 年産 2 等 新潟県産コシヒカリ 8俵

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。