11/30 中国輸入停止解除

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

新潟出張で出ており、書けておりませんでしたが、今日やっと書けました。

先日、新聞等でご存知の方も多いと思いますが、2018年11月28日(木)に中国政府は、新潟県産コメの一部を、輸入停止解除すると発表しました。

 

中国は、東京電力第一原発事故以降、東北地方や新潟など10都県産食品の輸入規制をしております。

中国の税関当局は「新潟県産のもみ及びもみを加工した玄米」に対する輸入規制解除を公布。

新潟県知事の花角氏は、29日の会見で「歓迎したい」と話した上で、輸出に向け準備を進める意向を示しています。

 

日本の約20倍の米を消費する中国への輸出が可能になれば、

中国で日本の米は高価格だが日本の食に関心がある富裕層も拡大していることや、近頃東京の米穀店で中国人の観光客が「新潟産」や「魚沼産」のコシヒカリを指定して買う姿も見られ、帰国した人が中国で購入する可能性があること、でお米の消費が見込まれると思います。
毎年、需要が8万トン減少している状況で、明るいニュースだと思います。

 

 

新潟コシヒカリはコメ先物市場でも、多くの当業者様が参加しておりますが、大阪堂島商品取引所の2018年11月30日(金)の相場表はこちらです。

 

(クリックで拡大します。)

 

新潟コシ先限(19年10月限)が最近上がっております。現在11月30日(金)は16,490円です。

ちなみに、11月16日(金)は16,430円でした。

 

 

話は変わりますが、弊社では現物の仲介も行っております。

こちらが現物のメニューです。

(クリックで拡大します。)

 

 

メニューの確認など何かご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

11/21 ヒアリング

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

7日ほど経過しましたが、2018年11月14日(水)に自民党・農業基本政策検討委員会がJAグループからヒアリング調査を行いました。

 

ヒアリングの内容は、水田活用予算確保、備蓄米・SBSの運用改善、需給対策、全国組織の情報提供強化、農産物検査の5つを中心としたものとなったそうです。

需給対策では、来年の6月末在庫の推計が公表されました。

2018年7月時点での6月末在庫は、30/31年産の741万トンと試算されていましたが、今回のヒアリングでは、前年需要実績費は726万トンと試算されました。
前年需要実績と比べると14万トンも減少することになります。

今年から減反政策が廃止され、コメ生産者は自由にコメを作れるようになりましたので、需給のミスマッチが起こりやすく、昨年までと違い、米価が不安定になりやすい環境となっています。

 

コメ先物は1年後の2019年産米の価格も取引されております。
長期の価格が出ている事で計画的な経営が出来るのはありがたいという声もあり、価格の指標の一つとなっております。

そんなお米の先物がお取引されている、2018年11月21日(水)の相場表はこちらです。

 

 

 

 

弊社では現物の仲介も行っております。

こちらが現物のメニューです。

 

 

メニューの確認など何かご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

11/14 皇太子様

 

 

みなさんこんにちは!

 

今年も残すところ約1ヶ月半となりました。
お風邪など召されませぬようお気をつけください。

昨日の2018年11月13日(火)政府は、皇太子様が新天皇に即位される2019年5月1日(水)と、新天皇即位を公に知らせる「即位礼正殿の儀」が行われる同10月22日(火)を1年限りの祝日とする法案を閣議決定しました。

国会に提出し成立すれば、来年2019年のゴールデンウィークは10連休が決定します。

 

 

皇太子様といえば、2018年11月8日(木)~2018年11月9日(金)山形県にて農業担い手サミットが開催されており、ちょうどその日に山形県へ足を運んだところ、夕方に皇太子様が訪れる予定の山形駅には厳重な警備がされておりました。

 

農業担い手サミットでは、全国から約2000人を超える農業関係者が参加されました。
皇太子様は、挨拶として、「農業を取り巻く環境が大きく変化する中、このサミットを通じて熱意と意欲を持って農業に取り組み、地域の活力を生み出している皆さんの輪が全国に広がり、日本の農業が未来に向けて力強く発展していくことを願い、私の挨拶とします」とおっしゃられました。
農業担い手サミットは1998年から毎年開催されており、2018年は山形県でしたが、2019年には静岡で開催されます。

 

大阪堂島商品取引所では、毎年ではなく土日祝を除き毎日営業しております。

そんな大阪堂島商品取引所の2018年11月14日(水)の相場表はこちらです。

 

新潟コシはまちまちで、秋田こまちは先限が反落です。

 

 

ここで本日のピックアップは「限月における端境期」です。

随時、お取引に関しての変更点等を「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

変更点ではございませんが、
先物市場は8月限と10月限が端境期となっております。
8月限より前限月は2018年産で、10月限は2019年産となっております。
例えば、現在2018年産の新潟コシは1,6580円~16,910円です。
2019年産の新潟コシは16,430円となっております。

 
以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

 

ここまで「限月における端境期」についてご説明させていただきました。

弊社では現物の仲介も行っております。
こちらが現物メニューです。

 

メニューの確認など、なにかご不明点がございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)

11/2  パイロットプログラム

 

 

みなさんこんにちは!
2日ほど過ぎてしまいましたが、今週の水曜日はハロウィンでしたね。
ハロウィンというとかぼちゃに目と口が彫られているジャックオーランタン、トリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらったりする風習が思いつきます。

私は知らなかったのですが、ハロウィンはもともと古代ケルト民族の慣わしだったそうです。
10月31日はケルト人にとっては1年の終わりの日となっており太陽の力が弱まり、厳しい冬の季節が訪れる前に太陽に感謝し、その年の収穫物を祝う収穫祭がこの日の夜から始まったそうです。

トリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらえるのは子供にとって嬉しいですよね。

 

 

 

話は変わりますが、大阪堂島商品取引所では「コメ先物パイロットプログラム」に協力してくださった法人様には大阪堂島商品取引所から謝礼がもらえます。
「コメ先物パイロットプログラム」とは今年の夏2018年8月7日から2019年3月29日まで(定員になり次第終了)実施されているコメ先物取引活用による安定的農業経営の実現可能性に関する研究やコメ先物市場の利便性向上に向けたアンケート調査です。

調査に協力してくださった法人様には大阪堂島商品取引所から謝礼がもらえます。

本プログラムの応募要件はお米を扱う当業者様でコメ先物取引活用のために口座開設し、実際にお取り引きした上で取引所のアンケートに答えた方です。

ちなみに本プログラムの対象になる商品は「秋田こまち」「新潟コシ」「東京コメ」です。

定員は50社となっておりますので、上記に該当される方はご参加される事をお勧めします。

パイロットプログラムが実施されている大阪堂島商品取引所の2018年11月2日(金)の相場表はこちらです。

 

 

弊社では現物の仲介も行なっております。
こちらが現物のメニューです。

 

 

パイロットプログラムの詳細やメニューの確認など、ご不明点等がございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。