10/26 モニュメント設置──堂島米会所跡地

 

 

みなさんこんにちは!

季節の変わり目の時期ですが、風邪には気をつけておきたいですよね。
困ったときはお医者さんが頼りになります。
江戸時代に活躍したお医者さんの一人といえば、蘭学者でもある緒方洪庵さんです。

緒方洪庵さんが開いた適塾は今も尚、重要文化財として大阪の北浜に存在しています。
見学は有料となりますが、洪庵さんの書斎などを見ることが出来るので観光にはいいかもしれません。

そして適塾の外に緒方洪庵さんの銅像があります。
その銅像は緒方洪庵さんの血を引いている方の型を取ってリアルに作られたものだそうです。

よく銅像は記念碑として作られます。

 

 

 

記念碑といえば、2018年10月24日に大阪堂島商品取引所を記念したモニュメントが大阪堂島商品取引所の前身である堂島米会所の跡地に建てられ、除幕式が行われました。

先物取引は1730年に幕府に公に認められました。
また商品先物取引が盛んなシカゴでは、現在の金融デリバティブの原型だと大阪の堂島米会所がモデルだと紹介されています。

設置された堂島米会所跡地にあるモニュメントは、大きさが3メートルほどで、直径1.5メートル、重さは9.5トンです。
どんなモニュメントかといいますと、白御影石で作製されており、精米されたお米の形をしています。
モニュメントの名前は「一粒の光」と名付けられました。

いい名前ですね。

新しいモニュメントが建てられた大阪堂島商品取引所の昨日2018年10月25日の相場表はこちらです。

 

 

あきたこまち2019年10月限が90円下がりました。
上場初日から価格が上がり続けていましたが、期先の10月限は初めて下げとなりました。
8月限に関しては前日比(2018年10月25日)220円高になります。

 

 

 

また、弊社では現物の仲介も行なっております。

こちらが現物のメニューです。

 

 

 

メニューの確認など何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/24 秋田こまち上場3営業日目

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

先日、安倍晋三首相は2018年10月15日の臨時閣議で来年の2019年10月1日から消費税を8%→10%に引き上げる方針を示したところですが、飲食料品には軽減税率が適応されます。
この「飲食料品」は国税庁によると、食品表示法に規定する食品を指します。(玩具付き菓子なども含まれる)
お米は飲食料品に分類されるので、軽減税率が適応されます。(現行の8%)

また、軽減税率適応とされる取引か否かは、取引時点で「食品」として取引されたかどうかで判定されます。

しかし、酒類、外食、ケータリング等、医薬品・医薬部外品は軽減税率適応の対象外です。

ただし、ケータリングのうち有人老人ホームなどで行う飲食料品の提供は軽減税率適応の対象となります。

個人的には、10%は切りが良いと思いますが高いですよね。
そんな中、食品だけでも8%に軽減してくれるのはありがたいです。

 

話は変わりますが、大阪堂島商品取引所に秋田こまちが上場して3営業日目が経ちました。
新潟コシヒカリが上場した時も品種が限定されているので好感された模様です。
秋田こまちも新潟コシヒカリのように品種が限定されているので、反響があるかと思います。

 

 

 

本日2018年10月24日の大阪堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 

秋田こまちは上場して14,400円から始まりました。

上場2営業日目(2018年10月23日)には、期先である10月限の引け後の帳入れ値段は14,970円でストップ高になりました。
上場初日に比べて530円上がっております。
2019年6月限、2019年8月限も上場初日に比べ上昇しておりますが、前日比から変わらずで取引を終えています。

 

 

 

 

ザラバ方式の変更に伴い、取引に関しての変更点等を随時「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

本日の「ピックアップ」は「新甫発会」です。

新甫発会は新しく取引が始まる限月の最初の立会のことをいいます。
新甫発会に関して変更点はなく通常通りですが、秋田こまちに関して異なる点がございます。

現在2018年10月24日の大阪堂島商品取引所の秋田こまちの限月は3限月(2019年6月限、2019年8月限、2019年10月限)があります。

秋田こまちの場合、2019年6月限の納会日(2019年6月21日)を迎えてその翌営業日に新甫発会するのではなく、2018年12月25日(火)に2019年12月限が新甫発会されます。
その後の流れとして、2ヶ月ごとに新甫発会します。

他の項目につきましては、従来通りとなります。
大阪コメ、東京コメ、新潟コシヒカリ、秋田こまちは納会日を迎えると、翌営業日に新限月が発会します。

例えば新潟コシ2018年12月限の場合、2018年12月20(木)が納会日なので、その翌営業日の2018年12月21(金)に新甫発会します。

 

以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

ここまで「新甫発会」についてご説明させていただきました。

 

 

弊社ではお米の現物の仲介もさせていただいております。
こちらが現物のメニューです。

メニューの確認等で何かご不明点等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/19 前夜祭──あきたこまち上場1営業日前

 

 

皆さんこんにちは!

突然ですが、今年の夏はお祭りなどに参加しましたでしょうか?

秋田の竿燈まつり、青森のねぶた祭り、大阪の天神祭など多くのお祭りは前夜祭が開かれていると思います。

今日は前夜祭ではないですが、来週10月22日(月)に大阪堂島商品取引所にあきたこまちが上場する1営業日前となっております。

 

それでは改めて、あきたこまちの取引要綱はこちらです。

 

あきたこまち

標準品    秋田県産あきたこまち
取引数量   1枚 204俵(12,240kg)
呼値     10円
納会日    偶数月の20日(休日の場合は前営業日)
受渡日    納会日の2営業日後
新甫発会日  納会日の翌営業日後

尚、平成31年6月限、8月限、10月限の基準値は14,400円です。

商品は1等の秋田県産あきたこまちです。

呼値10円は、値段が10円ごとにしか動きません。例えば、14410円、14420円といったように10円刻みで値決めされます。

現物を受け渡しする当業者様は、納会日という決済期限の2営業日後に現物を受け渡しします。

以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

話は変わりますが、あきたこまち上場1営業日前の本日2018年10月19日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

ちなみに昨日10月18日の新潟コシの6月限は+300となりストップ高でした。

弊社ではお米の現物の仲介もさせていただいております。
こちらが現物のメニューです。

メニューの確認等など何かご不明点等ございましたら是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等


フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/17 ザラバ方式3日目

 

 

 

みなさんこんにちは!

今週の10/15(月)から大阪堂島商品取引所のコメ市場において取引方法がザラバ方式に変更されました。
また、市場流動性向上のため、マーケットメーカー制度の導入もされました。

また、今日でザラバ方式に変更して3日目でありますが、徐々に機運が高まっていくのではないかと思っています。

すでにお取引されている方も、ご検討されている方もより一層ご注目いただければと思います。

そんな盛り上がりを見せている大阪堂島商品取引所の2018年10月17日(水)の相場表はこちらです。

 

 

 

 

ザラバ方式の変更に伴い、取引に関しての変更点等を随時「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

 

今日の「ピックアップ」は制限値幅についてです。

制限値幅についての変更点としまして、当限(納会月)に制限値幅が設けられます。納会月の11日以降(大阪コメは1日以降)は前営業日において制限値幅に達した場合、翌営業日の制限値幅は最大600円までです。

〈納会限月の場合、制限値幅内の価格で取引を終えた場合は、翌営業日の制限値幅は300円になります。〉

他の項目につきましては、従来通りとなります。

複数限月(当限を除く2限月以上)が制限値幅の300円まで達すると翌営業日の制限値幅は400円になります。

更に制限値幅が400円の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が制限値幅400円に達すると、翌営業日の制限値幅は500円になります。

 

 

制限値幅が500円の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が500円の制限値幅に達しないと翌営業日の制限値幅は400円になります。
400円の制限値幅の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が400円の制限値幅に達しなかった場合、翌営業日の制限値幅は300円に戻ります。

 

ここまで制限値幅について説明させていただきました。

話は変わりますが、弊社ではお米の現物も取り扱っております。

こちらが現物メニューです。

 

メニューの確認など何かご不明点等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/12 もし仮に、、、!

 

みなさんこんにちは!

 

4日ほど経過してしまいましたが、今週の10月8日はコロンブス・デーでした。

コロンブス・デーはアメリカにおける祝祭日です。
さらに本日2018年10月12日から約526年前の1492年10月12日。
スペイン人のクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に上陸した日でもあります。

コロンブスの上陸まで、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸間での交流はありませんでしたが、上陸を機に大陸間の交易が行われることになりました。
この交易をコロンブスの交換と言うそうです。

この交易でトマトや、トウモロコシ、じゃがいもなどがアメリカからヨーロッパに渡ったそうです。

もし1492年にコロンブスの交換がなければ今頃トマト、じゃがいも、トウモロコシなどアメリカ大陸から飛び出しておらず、ジャガイモ、トマト、とうもろこしなどが使われた料理が食卓に並んでいないんだと思います。

ジャガイモ、トマト、とうもろこしと同じ食べ物で、日本でお馴染みのお米も作付けから収穫まで期間が空くので、何が起こるか分かりません。
もしかしたら不作になったりするかもしれません。
先物も同じでもしものことを考慮し、事前に天候リスクに備えて先物を活用していれば、不作の時にお米を仕入れることができないという事態を防げるかもしれません。

お米の先物市場である大阪堂島商品取引所の10/11の相場表はこちらです。

 

 

 

弊社では先物だけでなく現物の仲介も行なっております。
こちらが現物メニューです。

メニューの確認など何かご不明点等ございましたら是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/10 とつきとうか──堂島に新制度

 

みなさんこんにちは!

 

今日は、10月10日です。

日付をそのまま読むと「とつきとおか」
「とつきとおか」をイメージすると妊婦さんが思い浮かびます。街中で見かけると新しい命が宿っているのかと思って、赤ちゃんのために健康に関して、運動や食事に普段よりも気を遣っていらっしゃるのだろうなと思ってます。
なので、暖かくて嬉しく思いますよね!

 

 

話は変わりますが、新しいことがあるという共通点があります。大阪堂島商品取引所にも新しい制度が導入されます。それはマーケットメーカー制度です。マーケットメーカー制度が導入されることにより、以前よりも公正な価格形成が実現します。

どうしてかといいますと、一般の人が参加しやすくなることや、
注文が成約しやすくなることが大きな理由と思われます。

また、ザラ場方式に移行するので取引時間が板寄せの場合

前場一節9:00~ 前場二節10:00~  前場三節11:00~
後場一節13:00~  後場二節14:00~ 後場三節15:00~

でしたが、ザラ場方式に移行して、

9:00~15:00までのお取引となります。

マーケットメーカー制度が導入されて注文が成約しやすくなる事と、
時間内において自由に売買が出来るようになるので、、、
盛り上がると思います。

堂島商品取引所での10/9の相場表はこちらです。

 

 

弊社では現物の仲介もおこなっております。
こちらが現物のメニューです。

メニューの有無の確認等など何でもお待ちしておりますので、
是非お気軽に問い合わせ下さいませ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/5 活躍の源

 

 

こんにちは!

今年夏の甲子園で準優勝した秋田県代表である金足農業。甲子園での活躍は世間に大きな影響を与えたと思います。
甲子園が終わった直後の八月下旬、秋田駅を降りると駅前に金足農業の活躍を祝う垂れ幕がありました。
TVを見て感動した私は、少し嬉しい気持ちになったことを覚えています。

また、金足農業の選手はインタビューでいろいろと質問に受け答えして、その質問の中で、なにが活躍させてくれましたかという記者の問いに、”あきたこまち”を食べて力をつけたと答えたそうですね。
活躍の源は日々の練習や努力とともに”あきたこまち”にもあるそうです。

 

甲子園で活躍した秋田の農業高校を応援したいということもあり、あきたこまちを扱う業者さんには関東の量販店やスーパーの新規取引が増えたそうです。
話はかわりますが、ご存知の通り10/22に大阪堂島商品取引所に”あきたこまち”が上場します。
ぜひこちらにもご注目頂きたいと思います。

尚、秋田から約807km離れたところにある大阪の堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 


弊社では現物の仲介も扱わせていただいております。
こちらが現物のメニューです。

 

 

何かご不明点等ございましたら是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/3 あきたこまちの秋

こんにちは!

もう秋ですね。暑くてヘトヘトにってしまいそうな夏や、寒くてカチコチになってしまいそうな冬に比べて本当に秋は過ごしやすいですね。なので秋といえば食、芸術、スポーツ、読書など語尾に「秋」がつくワードが似合う季節ですね!

食欲の秋!芸術の秋!スポーツの秋!読書の秋!

皆さんはこのなかでもどの秋になりそうですか?
そんな秋を迎える最中、大阪堂島商品取引所ではお米の秋になってます。
昨日の相場表です。

据え置きといったところでしょうか。北海道は不作ですが、全国的には平年並みの作況だと言われております。

さて今現在、大阪コメ、東京コメ、新潟コシヒカリの市場があります。

この3つの市場に加えて大阪堂島商品取引所に、10月22日からあきたこまちが上場します!新潟コシヒカリが上場した時は、東京コメと大阪コメに比べて品種が限定されてるので反響がありました。だから、新潟コシヒカリのように限定された品種のあきたこまちも盛り上がりそうです!

秋の季節にあきたこまちが上場。
あきたこまちの秋になりそうです。

弊社ではお米の現物の仲介もやらさせていただいてます。
こちらが現物のメニューとなっております。

なにかご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shouji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。