7/19更新 売り圧力強まる

こんにちは。
今日も暑い中、お疲れ様です。
週間天気予報を見ても、晴れマークと高温という文字ばかりで・・・。嫌気がさしますね・・・。
とにかく無理をせず、猛暑を乗り切りましょう。

それではコメ価格表です。

10月限以降の30年産を中心に売り圧力が強まっています。
お客様からこの売り圧力の流れの話を聞きますと、この猛暑(というよりも酷暑)の影響で、高温障害の危惧があり、例年と比べて1等級の現物が少なくなる可能性があるようです。また、1等級の質自体も悪くなる可能性があり、1等級よりも安価な2等・3等を求める流れになるかもしれないとのことでした。昨年は7月は暑かったものの、8月に入ってから急激に冷夏となり、日照不足の影響で不作となりましたが、どうなりますでしょうか?個人的にはここ数年は8月よりも7月の方が暑いイメージがありますが?この辺はもう少し時間が経過しないと何とも言えないところですね。

現物メニュ―表です。

30年産の銘柄はまだ少ないですが、取り寄せていきますので、ご参考ください。また、銘柄の問い合わせも行っておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。

7/18更新 現物メニュー(30年産登場)

こんにちは。
今日もうだるような暑さですね・・・。
熱中症や体調管理には十二分に気を付けて頑張っていきましょう。

30年産の現物メニューが出てまいりました。

30年産の銘柄はまだ少ないですが、取り寄せていきますので、ご参考ください。また、銘柄の問い合わせも行っておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。

7/12更新 30年産新米価格

こんばんは。
今日もお疲れ様です。

今日、都内で現物の取引会が行われました。
毎年、弊社のスタッフも参加させてもらっておりますが、この時期の取引会で新米の取引が行われます。今回は宮崎コシヒカリ・徳島コシヒカリ・千葉ふさおとめの価格が提示されました。

提示の価格が高いのか?今の現物市況を反映したものなのか?積極的な買いは手控えられ、8/1~8/5東京着基準で15,850円/俵、8/6~8/13東京着基準で15,450円(共に1等基準価格)で成立しております。尚、29年産と比べ、提示価格は300円~400円ほど高かった模様です。

取引会の結果を聞いて、『おっ!』と思ったのが、千葉ふさおとめが東京着価格で13,400円で成約されたことです。一部の銘柄を除き、29年産の整理売りが出てきているのは周知のとおりですが、正直、この価格は安すぎるのでは?とスタッフから聞いたときに耳を疑いました。ただ、業務用米で13,000円近辺なら29年産も30年産も買いという消費地の声もあるわけで、向こう1か月の気候によって変わっては来ますが、想像以上に30年産については波乱がないのかもしれませんね。

それではコメ価格表です。

現物メニュー表です。

気になる銘柄がございましたら、
何なりとお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。

7/10更新 コメDI(6月分)

こんにちは。
今日もお疲れ様です。

まずは、今回の西日本の豪雨につきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く、普段の生活に戻れるよう、陰ながら応援させていただきたいと思います。

それでは本日のコメ価格表です。

今日は大阪コメが小幅高となっておりますが、軟調な市場環境は変わらないですね。
先日、米取引関係者の判断に関する調査結果(コメDI)の30年6月分の発表がありましたが、
主食用米の需給動向
・現状判断  42(前月からの増減 ▲4)
・見通し判断 38(前月からの増減 ▲2)
と、現状並びに向こう3ヶ月とも供給過剰になると見られています。
実際、お客様の話を聞く限り、一部の銘柄(新潟コシ・山形つや姫)を除き、相当量の売り物が出てきていると聞いています。

主食用米の米価水準
・現状判断  66(前月からの増減 ▲4)
・見通し判断 43(前月からの増減 +1)
と、価格は高止まりも下落傾向、向こう3か月は安いながらも下落傾向は止まるのではないかと見られています。

先物の価格も
新潟コシ29年産である8月限は高止まり、30年産である10月限以降は下落傾向、
東京コメ・大阪コメは29年産・30年産とも下落傾向となっております。まもなく新米の価格指標となる宮崎コシヒカリの取引もスタートすることもあり、30年産の価格動向について方向性が出てきそうですね。

現物メニューです。

気になる銘柄がございましたら、
何なりとお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。

7/5更新 先安感続くコメ市場・・・

こんにちは。
今日もお疲れ様です。

コメ相場表

新潟コシ・大阪コメで下落が続いています。
新潟コシは4月以降からおおよそ600円ほどの下落、約5か月ぶりの安値となっています。
大阪コメは4月以降から800円強の下落、10月以降の30年産限月は軒並み安値を更新しております。

原因という原因はありませんが、話を聞きますと買い手が急いでないという感じですね。

現物メニュー表

気になる現物がございましたら、お問い合わせいただければと思います。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキング

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:
katsuya.yamamoto@okayasu-shoji.co.jp
     (担当:山本まで)
お待ちしております。