2/13 第二回備蓄米入札は13,600円台?

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

土曜日は関東にも雪が積もりました。雪合戦できるほど積もった訳ではありませんが、道ばたに植えられている花に雪が積もっているのを見るとなかなかみることができなかったので、思わず携帯のカメラで撮影してしまいました。

さて、昨日ですが、政府の備蓄米入札があったようです。第1回目が13,800円だったので、第2回目の入札は13,800円に近い価格になるのでしょうか。先程入った情報では、13,600円台での落札があったようです。
今回はそこが高いのか安いのかまたリサーチしていこうと思います。

さて、2019年2月13日(水)の大阪堂島の相場表です。

 

 

東京コメの2019年10月限が-190円です。ここ最近の続落が目立ちます。
多収米の推奨から収穫が多いと見られ売りが出ているのかもしれません。

また、弊社では現物の仲介も承っております。
こちらが現物メニューです。

 

2月12日(火)に合意が成立しております。

平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等 新潟県 8 枚 200 俵

ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/8 第二回備蓄米入札はどうなる?

 

 

皆さんこんにちは。

先日(1月29日火曜日)政府の備蓄米買い入れが行われました。
政府の第1回備蓄米入札で渡し方の事前予想として、13,200円という予測でした。
しかし、そんな様子見ムードの中、13,800円で落札されたこともあり、第2回備蓄米入札も13,800円以上での政府買い付けが予想されます。
そのため2019年産の相対や市中でも価格が上がることが懸念されます。
理由として第2回備蓄米入札(2月12日火曜日)では、備蓄米として販売する資格を得た業者の方々が13,800円よりも高値で売れると見込んでおり、産地から播種前契約をする備蓄米の渡方の法人も少なくないそうです。

相対や市中でも価格が上がることが懸念されれば、値上がりしたときのリスクに備えて、先物で予め値決めするための買いがでるかもしれません。
ただし、備蓄米の買い入れを行わないなどの調整がされる可能性があるかもしれないので注意をしなければいけません。
今後第8回目まであるので、第2回入札以降の動向にも注目していきたいと思います。

 

本日2019年2月8日(金)の相場表です。

 

今日は全体的に下げております。
新潟コシはここ最近続伸しておりましたが、今日は下がっております。(10月限-40円、12月限-80円)
東京コメ(2019年10月限)が今日は、-170円です。

また、弊社では現物の仲介も承っております。

成立した合意の内容です。

・新潟県産コシヒカリ 104 俵  1 等 8 枚
新潟県産コシヒカリ 96 俵 2 等      合計200俵

・新潟県産コシヒカリ 1 等 新潟県 8 枚 200 俵

 

こちらが現物メニューです。

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/6 2019年産はどうなる? 一 弥彦神社

皆さんこんにちは。

タイトルにもありますが、31年産の米価はどうなるの?と
当業者の方々を始め消費者の方々も気になると思います。
もちろん私も気になります。
先々の2019年産の米価の参考までに新潟県の弥彦村にある神社の祭りにおける儀式の一例です。
新潟県の弥彦神社に粥占神事と炭置神事という占い方があります。
弥彦神社は「おやひこさま」と朝廷にも庇護された由緒正しい神社です。
毎年年初に粥占神事と炭置神事という占い方で、本年の天気や作況を占うそうです。
粥占神事では作況が占われ、炭置神事では天候が占われるのだそうです。
30年産(2018年産)は全国的に北海道や新潟を始めとして不作に見舞われましたが、30年産(2018年産)の占定書を見ると早稲が四分五厘と記載されております。
31年産(2019年産)は、七分五厘と天候にも恵まれて豊作だそうです。豊作のラインは曖昧ですが、29年産が豊作だった時、占定書は八分五厘でした。

さて、本日2019年2月6日(水)の相場表はこちらです。

新潟コシヒカリは2019年産が+20円(10月限)と+50円(12月限)と上げており、現在10月限が16,470円で12月限が16,620円です。
秋田こまち(2019年10月限)は、新しく値段が出た時の(14,400円)に比べ現在(14,390円)下がってる傾向にあります。
現物では政府が第1回備蓄米入札で事前予想として13,200円という予測から様子見ムードの中13,800円で落札されたこともあり、第2回備蓄米入札も13,800円以上での政府買い付けが予想されます。そのため2019年産の相対や市中でも価格が上がることが懸念されます。なので先物では予め値決めするための買いがでるかもしれません。
ご参考になればと存じます。
弊社では現物の仲介も承っております。
こちらが現物メニューです。

 

成立した合意の内容です。
2 月 4 日(月)
・平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 1 等 8 枚 200 俵
2 月 5 日(火)
・平成 30 年産 長野県産コシヒカリ 1 等 1 枚 220 俵
・平成 30 年産 宮城県産ひとめぼれ 1 等 1 枚 200 俵
ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

2/1 新潟コシヒカリ

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

今年は天皇陛下が即位するということで、元号も変わります。
どんな元号になるか気になる方もいると思います。
私も気になる人の一人です。
新元号は、豊作と消費増加を願って「豊増」の可能性は何%あるかなと頭の中で誰にも言うことなく考えております。

さて、2月1日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

 

現在先物では、新潟コシヒカリ期近の2月限が18,200円を付けております。
新潟コシの期近の2月限は昨年の夏頃に15,350円台でした。2月1日の値段と比較すると約3000円違います。

売れ筋御三家の一つである新潟コシを仕入れたい方も多いと思いますが、昨年の夏頃に先物で先に値決めしたものを仕入れておけば、今高い新潟コシヒカリが15,000円で手に入っていたということもあって、かなり経営で助かる部分があるかと思います。

予め値決めをしていただくと販売先との価格でマージンの確保ができるかもしれません。

また弊社では現物も取り扱っております。
こちらが現物メニューです。

 

 

また、昨日1月31日に合意が成立しております。

・平成 30 年産  新潟県産コシヒカリ 1 等  200 俵

・平成 30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等   200 俵

ご参考になればと思います。
現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/30 2月開催 新潟・秋田コメ先物ミニセミナー

 

 

 

皆さんこんにちは。

コメ先物ミニセミナーが新潟県にて2月6日(水)
秋田県にて2月12日(火)と2月13日(水)に開催されます。

詳細はこちらです。

・新潟ミニセミナー
2月6日(水)14:00~16:00
株式会社新潟流通センター1階中会議室
住所:新潟市西区流通センター3-3-4
TEL:025-260-5522

・秋田ミニセミナー
2月12日(火)14:00~16:00
能代商工会館 3階多目的ホールB
住所:能代市元町11-7
TEL:0185-52-6341

2月13日(水)14:00~16:00
秋田県教育会館 3階305会議室
住所:秋田市山王4-4-14
TEL:018-862-8255
セミナーの内容と致しましては、コメ先物取引の概要や活用事例を説明いたします。参加費無料となっておりますので、是非お気軽にご参加くださいませ。

 

さて、1月30日(水)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

 

昨日ですが、政府の31年産備蓄米入札がありました。
昨年(2018年)は買い入れ枠20万トンに対し入札が123,000トンでした。
この数字は平年の入札よりも低い数量となっております。
今年買い入れ枠を増大するので入札が昨年よりも見込まれる可能性があります。

主食用米が備蓄米に回ると市中に出回る主食用米も減りますので、需給が締まれば主食用米の価格がより上がってしまう可能性があります。

備蓄米の入札による需給の締りが予測される可能性があるという背景なのか東京コメの新米(2019年10月限)や新潟コシの新米(2019年10月限・12月限)の値段が上がっております。ご参考になればと思います。

 

 

また弊社では現物も取り扱っております。
こちらが現物メニューです。

 

 

また、昨日29日に合意が成立しております。

・平成 30 年産 1 等 新潟県産コシヒカリ 89 俵
・平成 30 年産 2 等 新潟県産コシヒカリ 8俵

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/25 新潟コシ2019年期近(2.4月限) 上げ一服

 

 

皆さんこんにちは。
今日もお疲れ様です。

コーヒーを飲まれる方も多いと思いますが、私も毎日朝かお昼に一杯飲んでいます。休憩する時に飲むとなんだか落ち着きますよね。そしてカフェインが作用するので次に向かってやる気が出ます。
コーヒーは江戸時代にオランダから入ってきたそうでオランダ語のkoffieが語源だそうです。

さて、2019年1月25日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

新潟コシヒカリは、期先が続落している中、2月限が18,200円と高値をつけたままです。新潟コシの2月限は、先週木曜日の17日から18,000円台になりました。30年産の4限月も18,000円台が当たり前になってきておりますが、本日の2月限と4月限の相場は上げ一服でした。背景としては、作況が悪かったことや節分の需要で買いが入ったのか高めの水準です。

また、弊社では現物を取り扱っております。

昨日(24日)に成立した合意の内容です。

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 1 等  8 枚 200 俵

合意早受渡しは大阪堂島商品取引所が定める指定倉庫のほかにも双方が合意する倉庫が利用できます。
倉庫に関して独自の倉庫の場合、経費削減になることもありますので、合意の方もぜひご検討ください。

こちらが現物のメニューです。

 

 

このように現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/23  雪

 

 

 

皆さんこんにちは。

先日、新潟に行ってきました。雪が積もった広々とした山を背景に住宅街の道も白くなっていました。
私は大阪出身で大阪に住んでいたのですが、雪を見る機会がめったになく1年に1回雪が降るか否かの頻度だったので、雪が降れば小さい時に雪合戦をしたことを思い出して気分が高揚し、雪合戦をしたくなりました。

話は変わりますが、2019年1月23日(水)の相場表です。

最近では、新潟産米産地偽装で不正競争防止法違反というあまり良くないニュースもありますが、これは10,000俵強を70店舗に流通させていたことが媒体でも取り上げられております。
警察は新潟コシヒカリだけでなく他の商品にも産地偽装があるなどして捜査するそうです。
70店舗に流通させていた産地偽装米は使うことができないと思いますので、新潟産コシヒカリの在庫を必要とする当業者が出てくるかもしれません。
逆に信用を失い買う方が減るのかもしれません。
今回はどのような影響になるのか見どころです。ご参考になればと存じます。

コメ先物市場では新潟コシの2月限が18,200円と高値をつけたまま。他の30年産の限月も18,000円台が当たり前になってきております。

弊社では、現物の仲介も承っております。
合意早受渡しは納会日よりも前に双方がいくらでなにかの銘柄を何俵売買するかで合意し、通常では納会日から2営業日後の受け渡し日に受渡しですが、その前に受け渡しできます。

昨日(22日)に成立した合意の内容です。

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 1 等  8 枚 200 俵

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等  8 枚 200 俵

合意に関する受渡しは大阪堂島商品取引所が定める指定倉庫のほかも利用できます。
倉庫に関して経費削減をすることもありますので、合意の方もぜひご検討ください。

こちらが現物メニューです。

 

 

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/18 用心

 

 

 

みなさんこんにちは。

冬の時期と言えば、火の用心です。

昨晩の話ですが、家に帰る途中で火の用心を連想させる、拍子木の音がテンポよく聴こえてきました。

昨晩の拍子木の音で小学生の頃、参加するともらうことができるお菓子が嬉しくて参加したことや、大人の方が誘導してくれる夜道を歩いて拍子木をテンポよく叩き鳴らしお決まりのフレーズ(火の用心 マッチ一本火事のもと)を言ったことなどを思い出しました。

話は変わりますが、2019年1月18日(金)の相場表です。

 

 
昨日17日(木)に都内では仲間相場が開かれ、節分の季節だからなのか平年とはかなり高めの水準の売りが出ておりました。
先物では、新潟コシ4月限、6月限、8月限が前日比+300円高とストップ高になっております。また、秋田こまちの31年産(2019年産)は連日下げ続けています。
相場の変動には用心しなければなりません。

尚、今日は東京コメ1月限が13,590円で納会しました。
来週月曜日に東京コメ10月限の31年産(2019年産)の取引が開始されます。以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

また弊社では現物の仲介も承っております。
昨日17日(木)に成立した合意の内容です。

・30 年産 新潟県産コシヒカリ 2 等 新潟県 8 枚 200 俵

そして、本日18日(金)に成立した合意の内容です。

・ 30 年産 千葉県産コシヒカリ 1 等 千葉県 1 枚 220 俵

こちらが現物メニューです。

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/16 現物受渡し成立(1,040俵)

 

 

みなさんこんにちは。

先日茨城県に行ってきました。東京に比べると本当に温度が低く、コートを着ていても寒いくらいでした。

寒さで思い出しましたが、冬のこの時期といえば高校生が活躍するサッカー全国高校選手権(箱根駅伝などもありますが)がありますね。ご存知の方がいらっしゃると思いますが、14日の決勝で青森山田が優勝しました。
高校生ですが既にJリーグチームに内定済みの選手も数名いましたね。(青森山田に限らずですが)高校サッカーを見ていても駆け引きやボールの扱いを見た時にプロと言われても納得できると茨城県の生産者の方と共感しました。

話は変わりますが、2019年1月16日(水)の大阪堂島の相場表です。

 

昨日、新潟コシは4月限以外続伸しておりましたが、16日の今日は全限月下げております。
今日は新潟コシだけでなく東京コメも下げました。
しかし、秋田こまちは上げております。
秋田こまちに関しては、2018年10月22日に上場した当初から見ると、道中では15,000円程の高値を記録しましたが、価格は下がっている傾向にあります。ご参考がてらに宜しくお願いします。

そういえば秋田こまちで言うと年末時点の発表で少しお時間が経ちましたが、JA全農秋田が500円の概算金追加払いをすると発表しました。理由とすれば「入庫数量や需給見通しに目処が付いたため、共同計算収支を再度試算した。」ことが媒体でも取り上げられております。

ちなみに秋田こまちの概算金は1万3600円です。
思えば今年は新潟コシヒカリの概算金も高くなっておりました。
2019年産の概算金の値段も気になるところです。

余談ではありますが、2019年1月21日(月)に東京コメの2019年産の新米値段が出ます。
地域によっては差はあると思いますが、今年の不作をきっかけに収量の多いB銘柄の生産を推奨されているところもあるそうです。
そうなると東京コメの来年の値段は少しばかり影響を受けて安くなってしまうのかもしれません。ただ地域差はあるので現物の値段にも反映されるのかは見どころだと思います。

また弊社では現物の仲介も承っております。

1月15日に成立した合意の内容です。

・30 年産  千葉県産コシヒカリ  1 等 千葉県 2 枚 440 俵
東京コメ1月限2枚

1月16日に成立した合意の内容です。

・30 年産 新潟県産コシヒカリ  2 等 埼玉県  200 俵
新潟コシ2月限 8 枚
・30 年産 新潟県産コシヒカリ  1 等  新潟県  13 俵
30 年産 新潟県産コシヒカリ  2 等 新潟県187 俵
新潟コシ2月限 8 枚

こちらが現物メニューです。

 

現物のお問い合わせも承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

1/11 寒中見舞い申し上げます。

 

 

 

皆さんこんにちは!

新年あけましておめでとうございます。

昨年の9月に当ブログを担当してからまだまだ日にちは浅いですが、今年もお米の情報をお伝えできるように頑張ります。

今年は、年明けから為替が大きく動きましたね。コメは為替の影響を受けませんが、コメを海外へ輸出したり外国産米を輸入している方にとっては、決して無視できない出来事だったと思います。

輸出といえば米価を下支えするため輸出用米と飼料用米に対して1俵あたり4,000円程度の補助金をつけることが検討されているようです。
もし、補助金が実施された場合、主食用米の作付面積が減少し31年産も米価が上昇することが考えられます。
そんな時、コメの仕入れ手段の一つとしてコメ先物を利用することで予め決められた価格を決めておけば、価格が上昇した時の仕入れコストを抑えられるかもしれません。

 

 

2019年1月11日(金)の相場表はこちらです。

 

 

 

また、東京コメにつきましては、今月21日から31年産の取引が始まります。
今までお取引されている方やこれからお取引をお考えの方もご注目いただければと思います。

 

 

2019年1月10日(木)に納会日を迎えた大阪コメの受け渡し内容です。

平成30年産 埼玉県産コシヒカリ 1等
納会値 14,700円 4枚(200俵)

弊社では、合意早受渡しとして現物の仲介も行っております。
こちらが現物メニューです。

 

 

現物のお問い合わせも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
本年も何卒宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。