12/12 指定倉庫

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

近頃寒いですね。
私は寒がりなのですが、今年は特に寒く感じます。

四季があるのは日本の特徴ですが、常夏の国の一つであるシンガポールの気温は現在、(2018年12月12日)27度です。

東京(10度)と比べ17度違います。

しかし、世界一寒い場所として広く知られている場所はロシア・シベリアの真ん中に位置するオイミャコンという村は、なんと-39度です。

極端になってしまいましたが、日本(東京)と49度違います。
12月に差し掛かり今年も残りわずかで、本格的に寒くなってきましたが、ブログをご覧頂いている皆様は、お風邪など召されませぬようお気をつけください。

 

 

話は変わりますが、取引に関しての変更点等を随時「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

 

変更点ではございませんが、本日のピックアップは「倉庫」です。

 

倉庫は新潟コシ、秋田こまち、東京コメ、大阪コメのそれぞれ指定倉庫になっております。

指定倉庫とは、大阪堂島商品取引所が、現物の受渡し場所として指定した倉庫です。
国土交通大臣が発券倉庫業者として許可した業者の中から、申請により調査の上で大阪堂島商品取引所が指定した倉庫です。
受渡しする指定倉庫の所在地により貨物運送運賃(受渡単位1枚につき)が必要となります。

新潟コシなら新潟県内の指定倉庫

秋田こまちなら秋田県内の指定倉庫

東京コメなら関東圏内の指定倉庫

大阪コメなら関西圏内の指定倉庫です。

以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

 

 

本日2018年12月12日(水)の大阪堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 

 

(クリックで拡大します。)

新潟コシは買いが31年産の先限が120円上伸し、30年産の8月限も160円上伸しております。
秋田こまちは先限が10円下落です。

 

また、弊社ではお米の現物の仲介もさせていただいております。

こちらが現物のメニューです。

 

(クリックで拡大します。)

メニューの確認や倉庫の詳細等でご不明点等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

12/7  新潟・秋田セミナー

 

 

 

皆さんこんにちは!

 

 

先日、新潟へ主張に行ってきた際に、三条市の農家さんに特別栽培米の新潟県産コシヒカリをもてなしていただきました。
味は普通米より甘く、とても美味しかったです。
ご馳走様でした。

話は変わりますが、あきたこまちが上場し、約1ヶ月半が経過しました。
新聞等でご存知の方も多いかと思います。
コメ先物市場は大阪堂島商品取引所主催のセミナー等のおかげで徐々に取引が活発になって来ております。

 

7月に新潟県と、8月に秋田県で、セミナーが開催されましたが、12月にも新潟県と秋田県でミニセミナーが開催されます。

詳細はこちらです。

 

新潟県では、2018年12月11日(火)14:00~16:00
住所:新潟県上越市土橋1914-3
場所:上越市市民プラザ 2階 第5会議室
TEL:025-527-3611

 

秋田県では、2018年12月17日(月)14:00~16:00
住所:横手市平鹿町浅舞字覚町後140
場所:平鹿生涯学習センター 2階 第1研究室
TEL:0182-24-1340

 

先着20名様で、定員になり次第締め切ります。

セミナーの内容はこちらです。

1.コメ先物取引の基本及び、新潟コシ先物若しくは秋田こまち先物の利用例等について
2.質疑応答及び意見交換

中でも、秋田県で開催されるミニセミナーでは、コメ先物を具体的にイメージしやすい「先物取引経験談」も聞くことができるので、新潟ミニセミナーとはまた一味違ったセミナーになるのかと思います。

 

 

 

 

本日、2018年12月7日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 

 

 

 

弊社では、現物もお取り扱いしております。

 

こちらが12月7日更新の現物メニューです。

 

 

 

セミナーのお申込みや、メニューの確認等など、ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

11/30 中国輸入停止解除

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

新潟出張で出ており、書けておりませんでしたが、今日やっと書けました。

先日、新聞等でご存知の方も多いと思いますが、2018年11月28日(木)に中国政府は、新潟県産コメの一部を、輸入停止解除すると発表しました。

 

中国は、東京電力第一原発事故以降、東北地方や新潟など10都県産食品の輸入規制をしております。

中国の税関当局は「新潟県産のもみ及びもみを加工した玄米」に対する輸入規制解除を公布。

新潟県知事の花角氏は、29日の会見で「歓迎したい」と話した上で、輸出に向け準備を進める意向を示しています。

 

日本の約20倍の米を消費する中国への輸出が可能になれば、

中国で日本の米は高価格だが日本の食に関心がある富裕層も拡大していることや、近頃東京の米穀店で中国人の観光客が「新潟産」や「魚沼産」のコシヒカリを指定して買う姿も見られ、帰国した人が中国で購入する可能性があること、でお米の消費が見込まれると思います。
毎年、需要が8万トン減少している状況で、明るいニュースだと思います。

 

 

新潟コシヒカリはコメ先物市場でも、多くの当業者様が参加しておりますが、大阪堂島商品取引所の2018年11月30日(金)の相場表はこちらです。

 

(クリックで拡大します。)

 

新潟コシ先限(19年10月限)が最近上がっております。現在11月30日(金)は16,490円です。

ちなみに、11月16日(金)は16,430円でした。

 

 

話は変わりますが、弊社では現物の仲介も行っております。

こちらが現物のメニューです。

(クリックで拡大します。)

 

 

メニューの確認など何かご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

11/21 ヒアリング

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

7日ほど経過しましたが、2018年11月14日(水)に自民党・農業基本政策検討委員会がJAグループからヒアリング調査を行いました。

 

ヒアリングの内容は、水田活用予算確保、備蓄米・SBSの運用改善、需給対策、全国組織の情報提供強化、農産物検査の5つを中心としたものとなったそうです。

需給対策では、来年の6月末在庫の推計が公表されました。

2018年7月時点での6月末在庫は、30/31年産の741万トンと試算されていましたが、今回のヒアリングでは、前年需要実績費は726万トンと試算されました。
前年需要実績と比べると14万トンも減少することになります。

今年から減反政策が廃止され、コメ生産者は自由にコメを作れるようになりましたので、需給のミスマッチが起こりやすく、昨年までと違い、米価が不安定になりやすい環境となっています。

 

コメ先物は1年後の2019年産米の価格も取引されております。
長期の価格が出ている事で計画的な経営が出来るのはありがたいという声もあり、価格の指標の一つとなっております。

そんなお米の先物がお取引されている、2018年11月21日(水)の相場表はこちらです。

 

 

 

 

弊社では現物の仲介も行っております。

こちらが現物のメニューです。

 

 

メニューの確認など何かご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

11/14 皇太子様

 

 

みなさんこんにちは!

 

今年も残すところ約1ヶ月半となりました。
お風邪など召されませぬようお気をつけください。

昨日の2018年11月13日(火)政府は、皇太子様が新天皇に即位される2019年5月1日(水)と、新天皇即位を公に知らせる「即位礼正殿の儀」が行われる同10月22日(火)を1年限りの祝日とする法案を閣議決定しました。

国会に提出し成立すれば、来年2019年のゴールデンウィークは10連休が決定します。

 

 

皇太子様といえば、2018年11月8日(木)~2018年11月9日(金)山形県にて農業担い手サミットが開催されており、ちょうどその日に山形県へ足を運んだところ、夕方に皇太子様が訪れる予定の山形駅には厳重な警備がされておりました。

 

農業担い手サミットでは、全国から約2000人を超える農業関係者が参加されました。
皇太子様は、挨拶として、「農業を取り巻く環境が大きく変化する中、このサミットを通じて熱意と意欲を持って農業に取り組み、地域の活力を生み出している皆さんの輪が全国に広がり、日本の農業が未来に向けて力強く発展していくことを願い、私の挨拶とします」とおっしゃられました。
農業担い手サミットは1998年から毎年開催されており、2018年は山形県でしたが、2019年には静岡で開催されます。

 

大阪堂島商品取引所では、毎年ではなく土日祝を除き毎日営業しております。

そんな大阪堂島商品取引所の2018年11月14日(水)の相場表はこちらです。

 

新潟コシはまちまちで、秋田こまちは先限が反落です。

 

 

ここで本日のピックアップは「限月における端境期」です。

随時、お取引に関しての変更点等を「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

変更点ではございませんが、
先物市場は8月限と10月限が端境期となっております。
8月限より前限月は2018年産で、10月限は2019年産となっております。
例えば、現在2018年産の新潟コシは1,6580円~16,910円です。
2019年産の新潟コシは16,430円となっております。

 
以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

 

ここまで「限月における端境期」についてご説明させていただきました。

弊社では現物の仲介も行っております。
こちらが現物メニューです。

 

メニューの確認など、なにかご不明点がございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)

11/2  パイロットプログラム

 

 

みなさんこんにちは!
2日ほど過ぎてしまいましたが、今週の水曜日はハロウィンでしたね。
ハロウィンというとかぼちゃに目と口が彫られているジャックオーランタン、トリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらったりする風習が思いつきます。

私は知らなかったのですが、ハロウィンはもともと古代ケルト民族の慣わしだったそうです。
10月31日はケルト人にとっては1年の終わりの日となっており太陽の力が弱まり、厳しい冬の季節が訪れる前に太陽に感謝し、その年の収穫物を祝う収穫祭がこの日の夜から始まったそうです。

トリック・オア・トリートと言ってお菓子をもらえるのは子供にとって嬉しいですよね。

 

 

 

話は変わりますが、大阪堂島商品取引所では「コメ先物パイロットプログラム」に協力してくださった法人様には大阪堂島商品取引所から謝礼がもらえます。
「コメ先物パイロットプログラム」とは今年の夏2018年8月7日から2019年3月29日まで(定員になり次第終了)実施されているコメ先物取引活用による安定的農業経営の実現可能性に関する研究やコメ先物市場の利便性向上に向けたアンケート調査です。

調査に協力してくださった法人様には大阪堂島商品取引所から謝礼がもらえます。

本プログラムの応募要件はお米を扱う当業者様でコメ先物取引活用のために口座開設し、実際にお取り引きした上で取引所のアンケートに答えた方です。

ちなみに本プログラムの対象になる商品は「秋田こまち」「新潟コシ」「東京コメ」です。

定員は50社となっておりますので、上記に該当される方はご参加される事をお勧めします。

パイロットプログラムが実施されている大阪堂島商品取引所の2018年11月2日(金)の相場表はこちらです。

 

 

弊社では現物の仲介も行なっております。
こちらが現物のメニューです。

 

 

パイロットプログラムの詳細やメニューの確認など、ご不明点等がございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 
にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/26 モニュメント設置──堂島米会所跡地

 

 

みなさんこんにちは!

季節の変わり目の時期ですが、風邪には気をつけておきたいですよね。
困ったときはお医者さんが頼りになります。
江戸時代に活躍したお医者さんの一人といえば、蘭学者でもある緒方洪庵さんです。

緒方洪庵さんが開いた適塾は今も尚、重要文化財として大阪の北浜に存在しています。
見学は有料となりますが、洪庵さんの書斎などを見ることが出来るので観光にはいいかもしれません。

そして適塾の外に緒方洪庵さんの銅像があります。
その銅像は緒方洪庵さんの血を引いている方の型を取ってリアルに作られたものだそうです。

よく銅像は記念碑として作られます。

 

 

 

記念碑といえば、2018年10月24日に大阪堂島商品取引所を記念したモニュメントが大阪堂島商品取引所の前身である堂島米会所の跡地に建てられ、除幕式が行われました。

先物取引は1730年に幕府に公に認められました。
また商品先物取引が盛んなシカゴでは、現在の金融デリバティブの原型だと大阪の堂島米会所がモデルだと紹介されています。

設置された堂島米会所跡地にあるモニュメントは、大きさが3メートルほどで、直径1.5メートル、重さは9.5トンです。
どんなモニュメントかといいますと、白御影石で作製されており、精米されたお米の形をしています。
モニュメントの名前は「一粒の光」と名付けられました。

いい名前ですね。

新しいモニュメントが建てられた大阪堂島商品取引所の昨日2018年10月25日の相場表はこちらです。

 

 

あきたこまち2019年10月限が90円下がりました。
上場初日から価格が上がり続けていましたが、期先の10月限は初めて下げとなりました。
8月限に関しては前日比(2018年10月25日)220円高になります。

 

 

 

また、弊社では現物の仲介も行なっております。

こちらが現物のメニューです。

 

 

 

メニューの確認など何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/24 秋田こまち上場3営業日目

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

先日、安倍晋三首相は2018年10月15日の臨時閣議で来年の2019年10月1日から消費税を8%→10%に引き上げる方針を示したところですが、飲食料品には軽減税率が適応されます。
この「飲食料品」は国税庁によると、食品表示法に規定する食品を指します。(玩具付き菓子なども含まれる)
お米は飲食料品に分類されるので、軽減税率が適応されます。(現行の8%)

また、軽減税率適応とされる取引か否かは、取引時点で「食品」として取引されたかどうかで判定されます。

しかし、酒類、外食、ケータリング等、医薬品・医薬部外品は軽減税率適応の対象外です。

ただし、ケータリングのうち有人老人ホームなどで行う飲食料品の提供は軽減税率適応の対象となります。

個人的には、10%は切りが良いと思いますが高いですよね。
そんな中、食品だけでも8%に軽減してくれるのはありがたいです。

 

話は変わりますが、大阪堂島商品取引所に秋田こまちが上場して3営業日目が経ちました。
新潟コシヒカリが上場した時も品種が限定されているので好感された模様です。
秋田こまちも新潟コシヒカリのように品種が限定されているので、反響があるかと思います。

 

 

 

本日2018年10月24日の大阪堂島商品取引所の相場表はこちらです。

 

秋田こまちは上場して14,400円から始まりました。

上場2営業日目(2018年10月23日)には、期先である10月限の引け後の帳入れ値段は14,970円でストップ高になりました。
上場初日に比べて530円上がっております。
2019年6月限、2019年8月限も上場初日に比べ上昇しておりますが、前日比から変わらずで取引を終えています。

 

 

 

 

ザラバ方式の変更に伴い、取引に関しての変更点等を随時「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

本日の「ピックアップ」は「新甫発会」です。

新甫発会は新しく取引が始まる限月の最初の立会のことをいいます。
新甫発会に関して変更点はなく通常通りですが、秋田こまちに関して異なる点がございます。

現在2018年10月24日の大阪堂島商品取引所の秋田こまちの限月は3限月(2019年6月限、2019年8月限、2019年10月限)があります。

秋田こまちの場合、2019年6月限の納会日(2019年6月21日)を迎えてその翌営業日に新甫発会するのではなく、2018年12月25日(火)に2019年12月限が新甫発会されます。
その後の流れとして、2ヶ月ごとに新甫発会します。

他の項目につきましては、従来通りとなります。
大阪コメ、東京コメ、新潟コシヒカリ、秋田こまちは納会日を迎えると、翌営業日に新限月が発会します。

例えば新潟コシ2018年12月限の場合、2018年12月20(木)が納会日なので、その翌営業日の2018年12月21(金)に新甫発会します。

 

以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

ここまで「新甫発会」についてご説明させていただきました。

 

 

弊社ではお米の現物の仲介もさせていただいております。
こちらが現物のメニューです。

メニューの確認等で何かご不明点等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/19 前夜祭──あきたこまち上場1営業日前

 

 

皆さんこんにちは!

突然ですが、今年の夏はお祭りなどに参加しましたでしょうか?

秋田の竿燈まつり、青森のねぶた祭り、大阪の天神祭など多くのお祭りは前夜祭が開かれていると思います。

今日は前夜祭ではないですが、来週10月22日(月)に大阪堂島商品取引所にあきたこまちが上場する1営業日前となっております。

 

それでは改めて、あきたこまちの取引要綱はこちらです。

 

あきたこまち

標準品    秋田県産あきたこまち
取引数量   1枚 204俵(12,240kg)
呼値     10円
納会日    偶数月の20日(休日の場合は前営業日)
受渡日    納会日の2営業日後
新甫発会日  納会日の翌営業日後

尚、平成31年6月限、8月限、10月限の基準値は14,400円です。

商品は1等の秋田県産あきたこまちです。

呼値10円は、値段が10円ごとにしか動きません。例えば、14410円、14420円といったように10円刻みで値決めされます。

現物を受け渡しする当業者様は、納会日という決済期限の2営業日後に現物を受け渡しします。

以前よりお取引されている方や、これからご検討される方もご参考になればと存じます。

話は変わりますが、あきたこまち上場1営業日前の本日2018年10月19日(金)の大阪堂島商品取引所の相場表です。

ちなみに昨日10月18日の新潟コシの6月限は+300となりストップ高でした。

弊社ではお米の現物の仲介もさせていただいております。
こちらが現物のメニューです。

メニューの確認等など何かご不明点等ございましたら是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等


フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。

10/17 ザラバ方式3日目

 

 

 

みなさんこんにちは!

今週の10/15(月)から大阪堂島商品取引所のコメ市場において取引方法がザラバ方式に変更されました。
また、市場流動性向上のため、マーケットメーカー制度の導入もされました。

また、今日でザラバ方式に変更して3日目でありますが、徐々に機運が高まっていくのではないかと思っています。

すでにお取引されている方も、ご検討されている方もより一層ご注目いただければと思います。

そんな盛り上がりを見せている大阪堂島商品取引所の2018年10月17日(水)の相場表はこちらです。

 

 

 

 

ザラバ方式の変更に伴い、取引に関しての変更点等を随時「ピックアップ」してお伝えさせていただきます。

 

今日の「ピックアップ」は制限値幅についてです。

制限値幅についての変更点としまして、当限(納会月)に制限値幅が設けられます。納会月の11日以降(大阪コメは1日以降)は前営業日において制限値幅に達した場合、翌営業日の制限値幅は最大600円までです。

〈納会限月の場合、制限値幅内の価格で取引を終えた場合は、翌営業日の制限値幅は300円になります。〉

他の項目につきましては、従来通りとなります。

複数限月(当限を除く2限月以上)が制限値幅の300円まで達すると翌営業日の制限値幅は400円になります。

更に制限値幅が400円の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が制限値幅400円に達すると、翌営業日の制限値幅は500円になります。

 

 

制限値幅が500円の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が500円の制限値幅に達しないと翌営業日の制限値幅は400円になります。
400円の制限値幅の営業日に複数限月(当限を除く2限月以上)が400円の制限値幅に達しなかった場合、翌営業日の制限値幅は300円に戻ります。

 

ここまで制限値幅について説明させていただきました。

話は変わりますが、弊社ではお米の現物も取り扱っております。

こちらが現物メニューです。

 

メニューの確認など何かご不明点等ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログへにほんブログ村

先物・オプション ブログランキングへ

 

 お問い合わせ・ご質問等は
フリーダイヤル 0120-284-290
E-mail:kouta.yamamura@okayasu-shoji.co.jp

     (担当:山村まで)
お待ちしております。