2/24【NY金が上に飛んできました!ここからくる!?】12:00更新

金専門channel

にほんブログ村先物日記
に登録しています
みなさんの応援クリックで私達は救われます

にほんブログ村先物取引ブロ グ商品先物へ
にほんブログ村
≪応援宜しくお願い致します≫

岡安商事株式会社

インターネット・セミナー本部の高垣です。

NY金は18.1ドル高の1251.4ドル、NY原油は+0.74ドル高の53.59ドルで終えております。


NY金は反発。前日のFOMC議事録の発表を受けて利上げのペースは思ったほどに速くないとの見方が強まる中で、ドル安の進行につれて買いが加速しました。前日のFOMC議事録発表を受けてドル安が進んだのは、議事録が特にハト派的な内容だった訳ではなく、利上げに対する過  剰な期待を満たすだけの内容ではなかったということなのでしょう。足元の経済指標に強気のサプライズが続き、米景気がここへきて回復のペースを速めてきているのは確かだが、一方ではトランプ大統領の政権運営や政策に対する不透明感が強く、景気の先行きにカッコたる自信が持てないのも事実ですが、こうした不安定な状況では、FRBも積極的に利上げを進めいくことはできない可能性もあります。もっとも、今の金相場の下支えとなっているのは、こうした金融政策による部分ではなく、欧米の政治リスクを懸念した安全資産としての需要の高まりと見て良いでしょう。フランス大統領選で極右勢力のル・ペン候補が支持を集め、フランスのEUからの離脱の可能性が高まるとの懸念は、少なくとも4月に予定されている第一回の投票までは続くことになるでしょう。一方米国では、トランプ政権が期待通りの大規模な税制改革案を打ち出せるのかが鍵を握ることになります。本日はムニューチン財務長官が、8月の休みに入るまでに大規模な税制改革案をまとめる意向を示したが、具体的な内容には触れずじまいでした。審議がオバマケアの修正案の後になるという優先順位に変化はないし、そのオバマケアの修正案自体まだ詰め切れていない状況ですので、予定通りに進んでいくとは考えない方が良いかもしれません。政権に新たなトラブルやスキャンダルが浮上すれば、税制改革の審議どころではなくなることも考えられます。税制改革がいよいよ前に進まないということになれば、株式市場にも失望売りが加速、リスク回避の動きから金に対する買い意欲が更に強まることもありえます。

NY原油は反発。米石油協会(API)統計での原油と石油製品在庫の減少や米エネルギー情報局(EIA)統計での受渡場所となるオクラホマ州クッシング原油在庫の減少などが好感されるも、原油生産の増加などから期近は55ドルの節目を上抜くまでには至らなかった。石油製品は、ヒーティングオイルが反発、改質ガソリンは軒並み上昇。在庫減少や需要回復を背景に、EIA統計発表後に期近ベースでヒーティングオイル3月限が3週間ぶり、改質ガソリン3月限は1週間ぶりの水準へ上昇したが後が続かず、利食い売りなどから上げ幅を縮小しております。

金専門channelテクニカル指針トレード

東京金は買い・東京原油は売り方針

~スマートCXでは東京金では100円幅で東京原油では2,000円幅をストップ注文をセットとするトレードとなります~

~CX取引の大切なお知らせ~

平日セミナー受付中

(お時間等はご相談ください)

CXセミナーバナー
会員の方で詳しい相場状況をお聞きになりたい方は下記までお問い合わせください。

※直通ダイヤル※
0120-864-325 (8:30~21:00)

相場観やセミナーのお問合せメールは↓
goldchannel@okayasu-shoji.co.jp

~FX取引の大切なお知らせ~

【東京平日開催】FX入門セミナー<詳細はこちら↓↓>
個人セミナー宣伝2017/3/4・3/5(土日)【福岡開催】基礎から実践までFX初心者1 日集中特別講座2017/3/12(日)【第10回】FX取引初心者一日集中特別講座~FX基礎知識から実践まで~2017/3/26(日)【臨時開催】FX取引初心者一日集中特別講座~FX基礎知識から実践まで~為替ライフ 取引所FX「くりっく365」