5/29【ボリのつぶやき】18:00更新


日本ブログ村の為替ブログに登録しています。
下のバナーをクリックした方の相場が当たりますように・・・

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

《ボリ》
こんばんは。ボリです。昨日の海外市場では米国をはじめとして英国やドイツなど主要国の国債への需要が高まりました。代表的な10年債利回りはいずれも年初来の最低水準を更新しました。米中貿易戦争の様相が長期化しそうだとの悲観的な見方を裏付けるような動きとなっています。昨日は中国が米国へのレアアースの禁輸措置を検討との記事が報じられ、また、次回6月のECB理事会ではTLTROsの詳細が発表される見込みとなっているようです。欧州議会選では既存の親EU勢力が地盤を弱めており、ポピュリズム、極右などの勢力が台頭してきています。イタリア債が売られ、ドイツ債が買われるなど、欧州にとっては政治の不安定さが債券動向に反映される面もあります。世界経済見通しの引き下げの動きが続く中で、各国金融当局には追加緩和、利下げなどの圧力がかかりやすくなっているようです。来週の豪中銀理事会では0.25%の利下げが市場に織り込まれてきているような動きをしてます。 そのなかで、今晩はカナダ中銀が政策金利を発表します。事前の市場見通しでは1 .75%での据え置きとなっています。直近のカナダ雇用統計が強い結果だったことで、国内の景気動向は安定しているようですし、消費者物価指標も2%近傍での推移となっています。一方、原油価格の不安定な動きや外需の弱さなど外部環境は悪化しているようなので、今回は政策変更が見送られる可能性が高いようです。

※ちょいワル専用ダイヤル※
0120-864-325 (8:00~21:00)

ちょいワル会員やセミナーのお問合せメールは↓

seminar@okayasu-shoji.co.jp